この頃考えること2018/01/05 13:52

年を取るということ


長いことランニングをやっていると年齢と共に記録が落ちていきます。

最盛時は,ハーフマラソンは1時間40分ほどで走ることが出来ました。現在は,2時間30分でも走りきることは出来ず,ランニング大会は10kmにとどめています。大体,ハーフマラソンの制限時間は,2時間30分だからです。


一番最初に年齢を感じたのは,地表踏査をしていて斜面でバランスを取れなくなった時でした。特に,凸型斜面,つまり下が見えない斜面では怖くて仕方がありませんでした。若い同僚が断崖の上に平気で立っているのを見ているだけで心配になりました。


走る記録がどんどん落ちてくるのと同時に,筋力が衰えてくるのを実感しました。風呂場で身体を洗い終わって,立ち上がって風呂桶に入るのがやっとという状態になりました。


それで,インナーマッスルを含む体幹を鍛えるトレーニングをはじめました。これは,非常に効果的でした。日常的な動作は不安なくできるようになり,走る気力も出てきました。


人に迷惑をかけず人生を全うするために,自分の健康に注意しながら生きていくのがこれからの大きな目標です。


技術の発展と社会の退歩


まだ,頭はそれなりに働くので,これまでの経験を生かして地質調査についてのアドバイスはできると思っています。しかし,ここ最近の技術に進歩は著しく,これまでの経験が追いつかなくなるのではと思っています。


例えば,地すべりブロックの判読をAIを使って行うことが試みられています。最近のAIの進歩を見ていると早晩実用化されるでしょう。

CIM(Construction Information Modeling/Management),ICT(Information and Communication Technology:情報伝達技術),IoT(Internet of Things:物のインターネット),AI(Artificial Intelligence:人工知能)を利用したアイ・コンストラクション(i-Construction)が急速に進められています。


一方で,日本列島の広い範囲を放射能汚染地にした原子力発電が,今も継続されています。

原子力発電所が稼働しなくても電力不足にならないことは,2011年3月11日以降の状況で証明されています。ましてや,使用済み核燃料の処理,廃炉になる原子力発電所の処理,そして福島第一原子力発電所の核燃料の取り出しなど未解決の問題が山積しています。

このままの状況で,原子力発電所を運転することの愚は,誰に目にも明らかなように思います。


また,リニア新幹線の建設が着工され,工事の発注をめぐって日本の超一流建設会社による談合疑惑が浮上し,捜査が行われています。

建設工事に関わる地質調査に従事してきた者としては,複雑な思いがあります。と言うのも,大手の建設業者が請け負っていれば,こんな手戻りがなくすんだろうなと思う現場に幾度か遭遇しているからです。技術的に大手建設会社が優れているのは間違いのないところです。

山岳地帯を通り,路線の直線性が要求されるリニア新幹線では,大土被りのトンネル建設が必須であり難工事が予想されます。対応できる建設会社が,ある程度絞られてきます。周辺環境への影響,特に水文環境の激変に対処する必要があります。

今回の談合事件の問題点は,超一流の四つの建設会社が工事をほぼ独占しようと調整を行ったことでしょう。

リニア新幹線の建設費の一部は,鉄道・運輸機構がJR東海に貸し付ける形を取っていますが,財源は国債発行などで得た資金である財政投融資です。長期・固定・低利での貸し付けを行うことで,大阪までの開業を2037年とする計画です。

すでに,2016年度,2017年度で3兆円の貸し付けを行っています。当初は,JR東海が自己資金で建設するとして始まった事業で,国会での議論が十分なされないまま財政投融資を使うことが決まりました。

国政が私物化されているという印象をぬぐえません。


技術の進歩が,人の生活を豊かにする方向に向かわないのは,社会システムが間違っているからだと思います。

それこそ数多くの課題がありますが,誰でも1日8時間働いて生活できる賃金を得ることができる社会をつくるために,不断に努力することが求められていると感じます。




モエレ沼公園でクロスカントリースキー2018/01/08 17:30

この冬初めて,クロスカントリースキーをしました。場所はモエレ沼公園です。

モエレ沼公園のコースは,約3.5kmのフリーコースと約1.5kmのクラシカルコースがあります。上り下りはほとんどなく,誰でもクロスカントリースキーを楽しめます。

この日は,曇り空でしたが,風がなく暖かでした。スキーもよく滑りました。

モエレ山では子供たちがソリ滑りを愉しんでいました。


モエレ山

写真1 ガラスのピラミッドの脇から見たモエレ山

多くの子供たちは,山裾の傾斜の緩いところでソリをしています。天辺から滑り降りると迫力満点です。


モエレ山

写真2 モエレ山とガラスのピラミッド

どんよりと曇った空です。左端にガラスのピラミッドが見えます。


札幌西部山地

写真3 水郷東大橋から見た札幌西部の山々

右端の遠くの鉄塔の向こうに手稲山が見えます。左端が藻岩山です。

冬は,三角点通を北へ行った豊畑のバス停の先の信号が公園の唯一の入口です。モエレ沼を渡る手前にやや広い駐車スペースがあり,水郷東大橋を渡った先の左手にもう一つ駐車場があり,さらにその先に,ガラスのピラミッドに連絡している駐車場があります。



今日もモエレ沼公園へ2018/01/12 15:13

午前中は,ほぼ快晴。風もなく日差しが暖かい。

午前11時頃からモエレ沼公園に行き,1時間ちょっとクロスカントリースキーをやって,ガラスのピラミッドで持参した昼飯を食べました。

ガラスのピラミッドの中は,シャツ一枚で十分なほどの暖かさです。持ってきたお弁当などを食べることができます。


プレイ・マウンテン

            写真1 プレイ・マウンテン


ガラスのピラミッド

           写真2 ガラスのピラミッド


ガラスのピラミッドからプレイマウンテン

   写真3 ガラスのピラミッド二階からプレイ・マウンテンを見る


ガラスのピラミッドの空間

           写真4 ガラスのピラミッド

こうして見るとかなり広い空間です。



本の紹介:ミュオグラフィ2018/01/15 21:16

ミュオグラフィ

田中宏幸・大城道則,ミュオグラフィ ピラミッドの謎を解く21世紀の鍵.2017年9月,丸善出版.


ユニークで面白い本です.

高エネルギー地球物理学の田中氏と古代エジプト史の大城道則氏の共著です.


第1部ピラミッドは,大城氏が書いています.最近のピラミッドやミイラについての研究の成果が詳しく述べられています.写真や絵が載っているので理解しやすいです.


第2部ミュオグラフィでは,ミュオグラフィの原理・測定方法から最近の成果まで詳しく述べられています.


強く興味を引かれたのは,三浦半島,房総半島,伊豆半島で行った既存トンネルでのミュオグラフィの成果です.三浦半島中部ではミュオグラフィによって,広域的にトンネル上部の地盤の密度が得られていて地質分布とよい一致を示しています(Tanaka,H K.M.,2015 のFigure 10:この論文はウェブサイトからダウンロードできます).


ミュオグラフィは,様々な対象に適用されつつあります.この本に紹介されているのは次のような分野です.

 火山;日本,イタリア

 鉱床:カナダ

 遺跡:ギザの三大ピラミッド,メキシコのテオティワカンのピラミッド群

 地下空洞(鍾乳洞):ハンガリー

 氷河の基盤岩:スイス・アイガー氷河

 二酸化炭素地下貯留効果判定:イギリス,アメリカ

 高炉内部観測:日本(旧新日鉄)

 電気炉内部観測:日本(カーバイド合成炉)

 原子炉:日本(福島第一原子力発電所 2号機,5号機)

 放射性廃棄物サイロ:イギリス・イタリア

 火星の洞窟観測:ローバーを洞窟近くの谷に降ろして観測する.

 火星のビンゴ様地形・火星の火山の観測

  火星の惑星フォボスの観測:フォボスの密度は異常に小さい.その秘密の解明.


----------------------------------------

以下,感想です.


応用地質分野では,川崎地質(株)の鈴木敬一氏が「ミュー粒子による物理探査の可能性」(物理探査,2012,第65巻,第4号,251-259)で,ミュオグラフィの成果と今後の可能性を述べています.ミュオグラフィで三次元トモグラフィ解析を行った大谷石採石場跡地での例を紹介しています.


この本では,ボーリング孔内に挿入できる円筒形のミュオグラフィ観測装置が紹介されています.二酸化炭素回収貯留の観測用にイギリスやアメリカで開発されたものです.


大深度地下での観測により,その上部の地盤の密度の違いを検出できるというのは非常に魅力的な探査方法です.弾性波速度や比抵抗といった物理量とは違った活用の仕方ができると思います.土木地質分野での利用が進むことが期待されます.



滝野すずらん丘陵公園2018/01/16 14:21

2018年1月14日(日),滝野へクロスカントリースキーをしに行きました.

この日は暖かく,風もありませんでした.ちょっと疲れていたので,渓流口を入ってすぐの駐車場に車を止めて,川沿いの5kmのコースを歩きました.


風はなく暖かで,お昼前の気温はマイナス0.9度でした.この日は渓流沿いの「せせらぎコース」で障害者の歩くスキー大会が開かれていました.


渓流口

             写真1 滝野公園渓流口

ここに温度計があります.スキーのワックスは,ベースワックスしか塗っていないので,あまり関係ありませんが,スキーが滑るかどうかの目安にはなります.


まず,入ってすぐの橋の下でスキーを履き,厚別川沿いの道を遡ってアシリベツの滝へ行きました.何人かの人に会いましたが静かでした.


入口の橋の下に戻って,今度は厚別川を下って鱒見の滝を見に行きました.こちらは,歩くスキー大会の最後尾の人と大会運営の人に会っただけで,ほかには誰にも会いませんでした.


このコースは川沿いですので緩やかで,初心者が歩くスキーをするには絶好の場所です.ただし,厚別川本流も鱒見の沢も支笏火砕流を削って流れていて,谷は30~40mと深く日がほとんど射しません.見晴らしも効かないので,あまり楽しくありません.


アシリベツの滝へ向かう

         写真2 アシリベツの滝に向かうコース

この付近は日が当たって気持ちよく滑れます.非常に緩い登りですので,それほど苦労しないで歩けます.


アシリベツの滝

            写真3 アシリベツの滝

部分的にしか凍っていません.氷瀑登りは出来そうにありません.左から小さな沢が流れ込んでいます.


鱒見の滝

              写真4 鱒見の滝

東北東に流れる厚別川に,南から合流する鱒見の沢にある滝です.約4万年前に噴火した支笏火砕流の溶結部がつくった崖を流れ落ちる滝です.同じような地質条件にある滝としては,白老町・別々川のインクラの滝,同じく白老川の白老滝などがあります.



放射能測定結果2018/01/18 14:42

2014年4月から測定している放射線量ですが,累積放射線量のグラフを見ると大きく三つの段階に分けられます.以下の数字は図1の累積曲線から読み取ったものです.


放射能線量累積曲線

図1 累積放射線量

測定開始から2018年1月15日までの平均は0.08μSv/hです.しかし,明らかに1080日目(2017年5月9日)から急上昇していて1130日目(2017年7月5日)以降,以前より大きな傾斜で増加しています.


1)2014年4月25日から2017年5月9日頃までは安定していて0.06μSv/hでした.ほぼ直線的に増加しています.


2)2017年5月9日頃から同6月28日頃まで急激に増加して,0.28μSv/hとなりました.

この急増した期間でも波があり,特に6月16日から6月28日の間は0.55μSv/hでした.これは,年間約5mSvになります.


3)同7月5日頃から安定して2018年1月15日まで0.10μSv/hとなっています.去年の5月以前に比べて1.7倍ほどの高い増加率で安定しています.


急上昇の原因は全く分かりませんが,急上昇した後,2017年7月頃から以前に比べて高い値で直線的に推移しているのは間違いないところです.

このまま推移した場合,年間の累積放射線量は0.88mSvですので,まあ健康には影響ないとは思います.しかし,明らかに,以前に比べると放射線量が高くなっているので今後も注意が必要と思っています.

何せ,鼻血が止まらなくて恐怖に陥った経験がありますから.幸い,あの後,鼻血が止まらず困ったということは起きていません.

( http://geocivil.asablo.jp/blog/2014/05/14/7310361 を見て下さい )



今日もモエレ沼公園でクロスカントリー・スキー2018/01/19 16:59

今日の札幌は,曇っているような,多少日が射しているような天気でした.風が少し強くて,歩くスキーのトレースは,飛んできた雪で消えている所がありました.夕べ,少し雪が降ったのでコースは抑えが効いて滑りやすかったです.


金曜日の日中ですので,あまり人はいませんでした.小学生が少々と中国語を話す人たちがソリを借りて遊んでいました.


午前11時ころ家を出て午後3時過ぎに帰ってきました.



空模様

写真1 こんな感じの天気

新雪が積もって真っ白な世界になりました.


プレイマウンテン

写真2 プレイマウンテン

南東側になるこちらの斜面は雪がついていますが,反対側は雪が風で飛ばされて地肌が出ています.手稲山は雪雲の中です.


モエレ山

写真3 モエレ山

そりあそびエリアです.元気な子供たちが多いみたいで,結構高い所から滑っているようです.


ガラスのピラミッド

写真4 ガラスのピラミッドの天井

暖かいです.シャツ一枚で少しも寒くありません.声が反射するので人が多いと結構うるさいですが,昼飯を食べたあと昼寝をしてきました.


クロカンコース図

図1 モエレ沼公園のクロカンスキーコース

(2018 モエレ沼公園 冬の公園ガイド より)

公園東口から入って水郷東大橋を渡ると右手にガラスのピラミッドがあります.ここで歩くスキーを借りることが出来ます.スケーティング用スキーの貸し出しはありません.

歩くスキーのトレースがついているのは,この図の緑の四角と丸のコースです.この二つを1周ずつすると約1.5kmになります.

エンジ色のコースはカラマツ林の円形コースとその外側の四角のコースとサクラの森・野外ステージを含めた三つのコースを廻って約3.5kmです.

昔は,プレイマウンテンの裾を通るコースがありましたが,やめになりました.

野外ステージに入ってすぐ,約270mほどの登りがあります.後は多少の上り下りがあるだけです.サクラの森の中は木から落ちた雪があったりして,でこぼこの場合があります.

時々,逆走している人がいますが,止めた方が良いでしょう.特にスケーティングでは,あまり前の遠くは見ていません.




札幌市博物館活動センター2018/01/21 20:31

札幌市博物館活動センターが,平岸に移ってから一度も行ったことがなかったので行ってみました.


狭い入口を入ると,正面にサッポロカイギュウの骨格標本のある展示室が見えます.反時計回りに地質や生物の展示が並んでいます.中央にサッポロカイギュウの骨格標本があります.

2008年10月に豊平川の小金湯温泉下流の河床から掘り出されたセミクジラ化石の腰椎の一部も展示されています.


以前に博物館活動センターがあった旧札幌市立病院の建物に比べると交通の便は悪くなりましたが静かな良い所です.


歩いて行く場合は,地下鉄南北線南平岸駅から歩いて行くのが分かりやすいです.平岸霊園へ行く道を,とにかくまっすぐ行くと柏学園が右手にあります.その先の左手に博物館活動センターがあります.


札幌市博物館活動センター

札幌市博物館活動センターの建物


博物館活動センターで発行している情報誌 「Muse Letter」 は,センターのウェブサイトからダウンロードできます.最新号はNo.67で「さっぽろのクジラはすごい!!」という記事が載っています.

( http://www.city.sapporo.jp/museum/index.html>

情報誌「ミューズレター」 )

日米核同盟と安保法制-北朝鮮情勢の影2018/01/24 15:29

2018年1月20日,午後3時から午後5時半まで表記の講演会が開かれました.安保法制違憲訴訟北海道の会 創立1周年記念講演会です.

安保法制違憲訴訟は,釧路から那覇まで全国22都市で25件の裁判が起こされています.北海道では釧路地方裁判所と札幌地方裁判所で裁判が進行中です.


安保法制違憲訴訟北海道

( http://anpoiken-hok.com )

安保法制違憲道東訴訟の会

( https://www.facebook.com/anpoikendotobengo/ )


太田昌克氏

写真1 講演する太田昌克氏


太田氏の原点

共同通信編集委員で論説委員の太田昌克氏が「日米核同盟と安保法制、北朝鮮情勢の影」と題して講演しました.取材で日本・世界各地を飛び回っている人の話は,臨場感があり非常に面白かったです.

太田氏は早稲田大学政治経済学部を卒業し,政策研究大学院大学で博士号を取り,1992年に共同通信社に入社しました.広島支局にいた時に被曝者の方の取材をし,核問題に関心を持ち調べはじめました.


 胎内被曝によって小頭症で生まれた人が,1994年当時48才になっていて,父親と暮らしているのを取材しました.父親が食事を口に運んでやるという生活をしていました.父親の「わしが死んだらこの子はどげんなるんじゃ」と言う言葉が忘れられません.

今現在も被害は続いているのです.


ICANのノーベル平和賞受賞

ICANがノーベル平和賞を受賞したので現地に行き,サーロー節子さんと川崎 哲(あきら)さんの対談を記事にしました(京都新聞,2018年1月1日).サーローさんは.核の被害者として核兵器廃絶に全力を尽くしてきました.川崎さんはNGO「ピースボート」の共同代表として核廃絶に取り組んできました.

川崎さん達が安倍首相に面会を求めたところ,首相官邸に来てもらっては困るので内閣府の陳情担当のところに行ってくれと言われました.

ICANのベアトリス・フィン事務局長も安倍首相に面会を申し入れましたが,日程の都合がつかないと言うことで面会できませんでした.それで,国会に乗り込んで各党代表と意見交換をしました.フィン事務局長は,国会に調査委員会をつくって核兵器禁止条約に参加できないか検討して欲しいと提案しました.

フィン事務局長の考えは,日本は核の傘のもとにいるから核兵器禁止条約に参加できないということは,核兵器の使用を認めると言うことになる,というものです.


核兵器禁止条約の流れ

核廃絶運動はノルウェー,メキシコ,オーストリアなどが主導して進められてきました.

1968年に核兵器の不拡散に関する条約(核拡散防止条約:NPT)が国連で採択されました.この条約は,核保有五大国以外の核の保有を禁止するという不平等条約でした.


今回の核兵器禁止条約に対する日本政府の態度は次のようなものでした.

1)核保有国が条約交渉に参加していないので核廃絶には結びつかない.

2)核の傘は,特に今の国際情勢では必要である.

3)漸進的かつ段階的に,しかも安全保障環境が整っている時に核軍縮は進めるべきである.


外務省にはアメリカグループと軍縮グループがあり,前者は核兵器禁止条約などトンデモナイ話だという態度です.当時の岸田外相は,交渉に参加しても良いと表明していましたが,最終的にアメリカグループが主導して開会式のみ参加して交渉には参加しないと決めました.谷地正太郎(やち・しょうたろう)国家安全保障局長と杉山晋輔外務事務次官の力が大きかったようです.


オバマ前大統領の広島訪問

バラク・オバマ前大統領は,2009年4月にプラハで演説し「米国は、核兵器のない世界の平和と安全を追求す」と表明しました.


オバマ前大統領の任期が迫っていた2016年7月上旬に,ホワイトハウスで大統領の広島訪問を推進した人に取材しました.その人は,オフレコを条件に大統領は核の先制不使用を決めるかもしれないと語りました.しかし,この内容をワシントンポストが7月10日に報じました.

これに対する日本政府の反応は,「核なき世界なんてあり得ない」というものでした.当時のアメリカ政府内でも,国防長官のR.M.ゲーツ長官とエネルギー庁長官は反対,国務省のジョン・F.ケリー長官は,同盟国,特に日本を説得するのが大変だと述べました.


2017年2月の安倍首相とトランプ大統領の日米共同声明には,

核及び通常戦力の双方によるあらゆる種類の米国の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメントは揺るぎない。」

「両首脳は,日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用されることを確認した。」

という文言が日本の働きかけで入れられました.


北朝鮮情勢

北朝鮮に関してはアメリカの政策のブレがあり,その影響があります.

クリントン時代の国防長官であったウィリアム・J.ペリー氏は,1994年に北朝鮮の寧辺(ニョンビョン)核施設の攻撃を計画しました.しかし,1994年10月に合意が成立し「米朝枠組み合意」が結ばれました.


しかし,1998年8月に北朝鮮はテポドン1号の発射実験を行いました.すでに国防長官を辞めていたペリー氏が,クリントン大統領の要請で北朝鮮との交渉に当たるため1999年5月に北朝鮮を訪れ,金正日総書記の第一の側近と4日間の交渉しました.その後,2000年10月に金総書記が,特使をアメリカに派遣しました.クリントン大統領が北朝鮮を訪問すれば,休戦状態の朝鮮戦争を終わらせることができたかもしれないとされています.


その後,2000年の大統領選挙でジョージ・W・ブッシュ氏が大統領となったため,この成果は生かされませんでした.


今後の北朝鮮の軍事技術開発は,大陸間弾道ミサイルが大気圏に再突入した後の精密誘導技術を確立することだと考えられます.そのためには人工衛星による地表観測が必要になります.

昨年12月に報じられた北朝鮮の人工衛星打ち上げのニュースは,このような背景があります.


北朝鮮への先制攻撃

2017年8月22日に,グアム島から飛来した核搭載可能な戦略爆撃機B52が日本列島を横断して日本海へ抜け,航空自衛隊のF35戦闘機と共同訓練を行いました.

安保法制が成立して以降,日米が共同しての軍事対応が目立っています.


2017年11月にトランプ大統領が訪日した際に,安倍首相は「2日間にわたる話合いを通じ、改めて、日米が100%共にあることを力強く確認した」と述べました.

ドナルド・トランプ大統領は,北朝鮮への先制攻撃を否定していません.つまり,アメリカが始める戦争に,日本が参加する条件がつくられています.しかも,核の使用が排除されていません.先に述べた2017年8月の自衛隊と米軍の共同訓練は,北朝鮮に対する核攻撃の可能性が排除されていないことを示しています.



高崎暢氏

写真2 挨拶する司会の高崎 暢(たかさき・とおる)氏


川原茂雄氏

写真3 挨拶する川原茂雄氏(安保法制違憲訴訟北海道の会 代表世話人)


全国の安保違憲訴訟

全国の安保法制違憲訴訟

日本全国で安保法制違憲訴訟が行われています.札幌は2月9日(金)15時から第4回口頭弁論があります.札幌地方裁判所(大通西11丁目 南向き)に14時30前に行けば傍聴できます.


偽装の被爆国

太田昌克,偽装の被爆国 核を捨てられない日本

岩波書店,2017年9月

実際に話を聞いた日本政府高官の本音が紹介されています.また,アメリカ政府高官の取材内容も示されていて面白い本です.

第33回原始林クロスカントリースキー大会2018/01/29 10:23

今年の原始林クロカンスキーは,2018年1月28日(日)に行われました.

前週の大雪もやんで,天気に恵まれました.朝の気温はマイナス8度くらいだったようです.

江別市スポーツ振興財団などが主催している大会で,10kmの男子申込者のうち54%が60才以上,女子は53%が50才以上です.

本州からの参加者もいますが,ほとんどが江別周辺の人たちです.


10kmスタート前

写真1 10kmのスタート前

野幌運動公園の野球場がスタート・ゴールです.男女合わせて196人が申し込みました.歩くスキーの人も入れて全体で312名ですから,ずいぶん参加者が少なくなった印象です.


4km手前

写真2 4km手前

平坦なコースが少し続きます.今年は少し前まで強い風を伴って雪が降ったので,コース整備をしても吹溜りの所はコースが波打っているところが多くスピードを出せません.


4km過ぎ

写真3 4km過ぎ

5kmコースと合流します.林の中の直線コースです.左手はトドマツの植林地です.


8km付近

写真4 8km付近の直線

大沢を横切ってなだらかに下って行きます.学田道路と呼ばれている道路で,気持ちの良い場所です.


ゴール

写真5 ゴール

大きく遅れて何とかゴールにたどり着きました.スキーは滑ったけどタイムはダメでした.鍛え直しです.