等々力渓谷2024/01/23 12:06

 等々力渓谷は多摩川の北岸にある渓谷で、深さは約20mあります。この渓谷をつくっている川は、谷沢川(やざわ・がわ)で、似たような川は丸子川、仙川、野川などがあります。

 「谷沢川は、世田谷区桜岡付近に源を発し、上用賀、等々力など世田谷区南東部を南へ流下し、多摩川左岸に合流する一級河川です」(東京都建設局)。

 

 渓谷と呼ばれるほどの深い谷が残っているのは等々力渓谷だけのようで、奇跡的な地形です。

 地質的には、東急大井町線・等々力駅の南西にある「成城石井」のすぐ裏の橋(通称ゴルフ橋)付近で、上総層群の露頭を見ることができます。等々力不動尊付近では、上から関東ローム層(東京軽石:Hk-TPテフラ;約6.5万年前を含む)、武蔵野礫層、東京層が東の崖面で観察できるようです。「ようです」というのは、昔は見えていたけど今は見えない地層があるからです。

 

地形図

 図1 等々力渓谷(地理院地図に加筆)

 綠の範囲が、ほぼ自然状態で残っている等々力渓谷です。谷沢川が多摩川と合流点する地点には水門があります。上流の中町から先は完全に改修された直線の流路となっています。

 渓谷沿いの遊歩道は、等々力駅のすぐ南、渓谷が直角に曲がる付近から下流に付けられています。20231227日の時点では、不動尊から上流は通行止めになっています。

 

案面図

 図2 不動尊付近の断面図(地理院地図により作製)

 図1の断面線の横断図です。渓谷の底からの崖の高さは約20mあり、渓谷にふさわしい地形です。

 

 今回は、東急田園都市線の二子玉川駅で降りて、多摩川の河川敷を下流に歩いて渓谷と多摩川の合流点まで行き、渓谷の遊歩道を遡り、不動尊から右岸(西側)の台地に上がって渓谷を時々見下ろしながら、環八通りの歩道橋を渡って左岸に移り、谷沢川が直線になっている中町まで歩きました。ゆっくり見ながら歩いて3時間ほどでした。

 

 

二子玉川駅

 写真1 多摩川河川敷から見た東急田園都市線・二子玉川駅

 右手、遊歩道の先の白い建物が二子玉川駅です。二子玉川駅から等々力渓谷の入口までは約2.5kmあります。

 

合流点

 写真2 等々力渓谷(谷沢川)と多摩川の合流点

 多摩川の河川敷から見た谷沢川の出口です。水門が設けられていて、少し上流まで矢板で護岸された流路となっています。この日は暖かかったため、上半身裸で魚を捕っている子供たちがいました。

 

丸子川

 写真3 都道312号を横断する丸子川

 この道をまっすぐ行って台地に上に出ると、左手に等々力不動尊があります。手前の橋は谷沢川と交差して東に流れる丸子川を渡る玉根橋です。この橋の手前を左に行くと谷沢川に行けます。

 

分水路工事看板

 写真4 谷沢川分水路工事の看板

 上流の国道246号脇の玉川台広場から谷沢川の河口まで、約3.2kmの水路トンネル工事を行っています。

 

谷沢川下流

 写真5 谷沢川の下流部

 丸子川と多摩川の交差点付近(無名1号橋)から谷沢川の上流を見たものです。矢板で完全に護岸されていて川幅よりも深さが大きい感じです。正面の森のあたりが武蔵野台地の縁になります。

 

案内板

 写真6 等々力渓谷の案内板

 等々力渓谷の下流入口右岸の遊歩道脇にある案内板です。不動尊から上流は通行止めとなっているので、不動尊まで登ったあと渓谷に下りて右岸(西側)の日本庭園を通って環状8号線の玉沢橋へ行きました。

 一番右(北)のゴルフ橋が遊歩道の最上流です。

 

関東ローム

 写真7 不動尊手前の左岸(東)に露出するローム層

 表面は風化して崩れやすくなっています。私の記憶では、冬には数十cmの霜柱ができることがあります。

 

湧水群

 写真8 等々力不動尊下の湧水群

 この露頭では、上部の関東ローム層、湧水している武蔵野礫層と東京層(下末吉層)の境界が分かります。ローム層の下底付近にHK-TPテフラがあるはずです。上総層群は、ここでは見えていません。

 

環八通り

 写真9 環八通り(都道311号)の玉沢橋

 中央の左右に森がある所が等々力渓谷です。道路の標高は約33mで、渓谷の底は約17mです。歩道橋の上から東を見たものです。

 

遊歩道

 写真10 玉沢橋から遊歩道を見下ろす

 通行止めになっている遊歩道には落ち葉が積もっています。5万分の1地質図福「東京南西部」では環八通りから等々力駅付近まで上総層群(高津互層)が渓谷の両岸に露出しています。

 

案内板

 写真11 等々力渓谷遊歩道の最上流の案内板

 等々力駅のすぐ南にあるゴルフ橋の左岸にある案内板です。ここが遊歩道の最上流で谷底までの深さは58mです。ゴルフ橋はスーパーマーケット「成城石井」のすぐ南の東西方向の道路に架かる橋です。


下流を見る

 写真12 ゴルフ橋から下流を見る

遊歩道は左岸(東側)に付いています。右岸の水の上の黒灰色の平坦面とシュロの木の下の崖は、上総層群と思われます。

 

上流

 写真13 ゴルフ橋の上流を見る「

 ここからは、がっちりと護岸が施工されています。カモの絶好の休み場となっています。


 

大井町線

 写真14 等々力渓谷に沿って走る東急大井町線

 等々力駅のすぐ南西でほぼ90°曲がり、この付近では西から東へと流下します。両岸は護岸されて住宅が「渓谷」まで迫っています。

 

直線水路

 写真15 直線化された谷沢川

 この先は直線化された開水路になります。グーグルアースでは首都高速3号渋谷線の脇の玉川台広場(玉川台一丁目)まで追うことができます。5万分の1地質図福「東京南西部」では、さらに北の桜丘4丁目付近まで河川流路を描いています。

 

<参考文献>

 岡 重文・菊地隆男・桂島 茂、1984、地域地質研究報告 5万分の1地質図幅「東京南西部」。

 七山太・重野清之・石井正之、2023、武蔵野台地(山の手)の地質断面とそこから読み解ける地形発達史―世田谷区、等々力渓谷でのジオ散歩のススメ—。GSJ地質ニュース、Vol.12(NO.12)336-349

( GSJトップペ> 出版物とサーhttps://www.gsj.jp/publications/gcn/index.html ) >  GSJ 地質ニュース GSJ 地質ニュース Vol.12 No.12> p336-349 



茨戸川周辺の花など2019/07/19 21:25

札幌市北区の茨戸川は,石狩川から切り離された旧石狩川です.

国道337号(手拍子街道)の石狩川に架かる札幌大橋左岸の堤防道路から行くことができます.


茨戸川水路

写真1 山口橋から

茨戸川本体とその上流の流路をつなぐ水路です.この風情,いつ見ても良いです.モクズガニが採れます.正面突き当たりの左に茨戸川本体があります.


クサフジ

写真2 クサフジの群落

多分,ハマエンドウでしょう.少し盛りは過ぎています.道ばたに飛び飛びに群落をつくっています.


茨戸川緑地から

写真3 茨戸川緑地の小山から

夕日を浴びる手稲山です.ちょっと違った表情を見せます.ここからだと,夕日はずっと北に沈みます.


シナガワハギ

写真4 シナガワハギ

これも多分,シナガワハギでしょう.中国から江戸時代に日本に来て,品川で目立ったことからこの名がついたとか.奥の方に白いのが見えますが,コゴメハギでしょう.


エゾノキツネアザミ

写真5 エゾノキツネアザミ

あまり花が咲いていないこの時期,貴重なきれいな花です.咲くのがちょっと早いかなという感じがします.


茨戸川

写真6 茨戸川

札幌大橋のすぐ下流の茨戸川と手稲山です.


日没

写真7 日が沈む

日が沈む方角は石狩湾です.正面左の雲のかかっているのが手稲山,中央遠くに春香山と和宇尻山(わうしり・やま)が見えます.



初夏の石狩川2019/07/07 08:50

7月6日,北海道の夏らしい気候になりました.

日差しはやや強いのですが,風は冷たく気持ちの良い天気です.

夕方,石狩川と豊平川捷水路の合流点から JR 札沼線(学園都市線)の石狩川橋梁まで行ってきました.遠くでカッコウが鳴いていました.


豊平川合流点

写真1 石狩川と豊平川捷水路の合流点

正面の水面が石狩川の本流で,右の木立が豊平川捷水路の河畔林です.

左岸堤防の上から見た風景で,左岸側の高水敷の幅は220m ほどあります.川幅は1,000m ほどです.この2km ほど下流右岸で当別川が合流しています.

正面付近の白い建物は,江別市の環境クリーンセンターです.この種の施設の立地場所はおもしろくて,江別市は札幌市と当別町の境界付近に建設しています.札幌市の白石清掃工場は,江別市との境界近く,国道275号の雁来大橋のすぐ南にあります.


札幌西部山地

写真2 札幌西部山地

石狩川 KP17.5km 付近の左岸堤防から見た札幌西部山地です.

一番左に恵庭岳があり,右へ空沼岳,狭薄山,札幌岳,砥石山,神威岳,烏帽子岳が見え,さらに手稲山から春香山まで見えます.麦秋の季節で,稲科のカモガヤやオオアワガエリなどは色づいています.


クサフジ

写真3 クサフジ

草むらに隠れるように咲いています.


牧草地

写真4 牧草地

遠く中央手前の三角の山が藻岩山です.その右上に札幌岳が見えます.右の煙突の建物は,札幌市の北区中福移にある「ごみ資源化工場」です.


石狩川橋りょう

写真5 石狩川橋梁

JR 札沼線(学園都市線)の鉄橋です.札沼線は札幌と石狩沼田を結ぶ鉄路でしたが,今は新十津川までしか線路はありません.


石狩川橋りょう

写真6 石狩川橋梁

2001年に完成した長さ1,064m のトラス橋です.銘板には「石狩川橋りょう」と記されているようです.


夕日

写真7 日が傾いてきた

左の恵庭岳から右の手稲山まで一望です.



2019びえいヘルシーマラソン クォーター2019/06/10 20:09

今年も美瑛で10kmを走りました.天気が良く日差しが強かったのですが,風は冷たく,気持ちよく走ることができました.残念ながら,十勝連峰は雲に頭を隠していました.


10kmルート

びえいヘルシーマラソン クォーターのコース

美瑛川右岸にある丸山公園脇の道路からスタートして,ひたすら登って行きます.「三愛の丘展望公園」の先で折り返し,後は,ひたすら下ってきます.

この図で,赤い線は上り,青い線は下りです.


帰りは,白金温泉の先の望岳台に寄り,お湯を沸かし昼飯を食べてから,吹上温泉へ行って疲れを取りました.

中富良野町のファーム富田に寄りました.ラベンダーは,まだ蕾でした.


望岳台から十勝岳

写真1 望岳台からの十勝岳

沢筋には雪がかなり残っています.


吹上温泉から十勝岳

写真2 吹上温泉から見た前十勝

中央の三角の山は前十勝でしょう.頂上の影から噴煙が上がっています.前十勝の左中腹付近から上がっているのはスリバチ火口の噴気です.


十勝岳

写真3 道道吹上富良野線から見た十勝岳

この日は,噴煙がはっきりと見えました.右側の露岩しているところは,安政火口と上ホロカメットク山,上富良野岳です.


美瑛岳

写真4 道道吹上富良野線から見た十勝岳

道路の正面に美瑛岳,その左に美瑛富士が並んでいます.十勝岳温泉から吹上温泉をへて白金温泉に抜けるこの道路は,気持ちの良い道です.


ファーム冨田

写真5 ファーム富田

ラベンダーは,まだ咲いていません.中国系観光客で一杯でした.


三笠のニセアカシア

写真6 三笠のニセアカシア

この時期,三笠のニセアカシアは見事です.山全体がアカシアの花で白くなります.車で走っていても,花の香りを楽しむことができます.



第9回 カムイの杜トレイルラン2019/05/28 14:54

2019年5月26日(日)に,カムイの杜トレイルランが開かれました.今年も10km に出ました.どうにか完走しましたが,自分でも走っているのか歩いているのかわからないほどのスピードでした.

この日,オホーツク地方の佐呂間で39.5度を記録したそうです.でも,前の晩の旭川は,かなり冷え込んだので午前中の森の中は結構涼しかったです.


カムイの杜のキャンプ場は,受付けさえすれば無料でテントを張ることができます.夜は結構寒くなりフリースを着て寝ました.



スタート

写真1 43km 以外の一斉スタート

43kmは朝8時スタートで,23km や10kmは9時スタートでした.


10km行き

写真2 森の中へ

作業用の林道で,下は砕石が敷いてある所が多いです.雨裂も深いものがあり足下には注意が必要です.


10km帰り

写真3 10km 復路の長い上り坂

道ばたにはニリンソウやスミレなどが咲いていました.



帰りは美瑛,富良野回りでゆっくりと帰ってきました.まだ,花の季節にはちょっと早いようです.



大雪山

写真4 美瑛町から大雪連峰を望む

中央の尖った山が旭岳です.まだ,かなり雪が残っています.


十勝岳

写真5 上富良野から見た十勝岳

上富良野町の草分神社付近から見たものです.1926年(大正十五)年の泥流は,ここまで到達しました.144人が犠牲になりました.神社の入口横に三浦綾子の「泥流地帯」の碑があります.


ハイランドふらのから

写真6 「ハイランドふらの」から見た十勝岳

富良野の郊外にある「ハイランドふらの」の温泉で疲れを取りました.浴場から十勝岳,上富良野岳がよく見えます.


菜の花畑

写真7 当別の菜の花畑

岩見沢から当別に抜けました.緑肥として菜の花を植えているのでしょう.滝川辺りでは菜種油を採っているようです.