第71回 福岡国際マラソン2017/12/04 13:36

 12月3日(日)に行われた福岡国際マラソンは,大迫 傑選手が好記録で3位に入り,今後に期待が高まりました。


 2時間5分48秒で優勝したソンドレノールスタッド・モーレン選手(ノルウェー)は,30km以降を5kmあたり14分40秒弱で走り切りました。

 モーレン選手は,クロスカントリースキーの選手だそうです。


 大分昔に,冬はクロスカントリースキーをやっているという陸上5000mの選手を見たことがありました。その選手は,足が後ろに流れる独特の走りをしていて,後で,クロスカントリースキーをやっていると聞いて納得しました。


 モーレン選手は,足が後ろに流れることもなく非常にきれいなフォームで走り切りました。長距離走のトレーニングとして,クロスカントリースキーを取り入れるのも一つの方法かなと思います。脚力が鍛えれるほか,腕の力も付くと思います。

 ただ,雪の時期に走らないでクロカンスキーだけをやっていると,雪が融けた後のランニングでは膝にかなりの負担を感じます。ランニングへの移行期には十分な注意が必要な気がします。





本の紹介:駿河湾の形成2017/12/04 15:02


駿河湾の形成
柴 正博,駿河湾の形成 島弧の大規模隆起と海水準上昇.2017年11月,東海大学出版部.

 駿河湾,特に駿河湾西岸から南部フォッサマグナにかけての地質を総括した本です。著者が大学を卒業して以来,駿河湾団体研究グループなどと共に行ってきた地質調査の結果がまとめられています。

 駿河湾の紹介,三保半島,牧ノ原台地,有度(うど)丘陵,庵原(いはら)丘陵,駿河湾の形成,掛川層群,富士川谷,伊豆半島,赤石山脈,太平洋のギョー,東海地震などについて述べています。

 陸上と海洋の調査結果を総合すると,プレートテクトニクスでは説明しきれない現象が多くあることが述べられています。著者の考えは,大規模な海面上昇と同時に起こった陸地の上昇によって島弧が形成されたというものです。
 どのようなデータに基づいて,そう考えるようになったのかが述べられています。堆積シークエンスによる海水準変動の推定のほか,マムシなどの生物分布からも海水準変動を説明しています。

 随所に,具体的な例に基づいた用語の解説があり,説明が分かりやすく読み物としても楽しめます。

 この地球上には様々な現象があり,すべてを一つの考えで説明しきれないことが分かります。


 なお,柴氏による下の本も良書です。駿河湾団体研究グループで出していた同名の冊子が,きれいな本になりました。

地質調査入門
柴 正博,地質調査入門.2015年9月,東海大学出版部.


地図の著作権セミナー2017/12/17 10:51

 2017年12月15日(金),午後1時半から4時半まで,札幌市の「かでる2・7」で標記セミナーが開かれました。主催は,「Digital 北海道研究会」です。

内容は下のようなものでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
13:30〜13:35 開会の挨拶
13:35〜14:30 基調講演:「著作権法と地図の利用」
           アンパサンド行政書士事務所代表行政書士 
           池田 玲菜氏
14:30〜15:00 講演2:「国土地理院の地図等の利用手続きと地理院地図の紹介」
           国土交通省国土地理院北海道地方測量部地理空間情報管理官 
           傳法谷 孝雄氏
15:00〜15:15 休 憩
15:15〜15:40 講演3:「自由な地図OpenStreetMapの利用と参加」
           株式会社MIERUNEOpenStreetMap Foundation Japan 運営委員 
           古川 泰人氏
15:40〜16:05 講演4:「多様な利用シーンで活用できる商用地図“GEOSPACE”の紹介」
           NTT空間情報株式会社 
           山木 啓至氏 、曽根田 眞二氏
16:05〜16:15 質疑応答
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


地図の著作権セミナー池田氏
                       基調講演の池田玲奈氏

 いくつか感想です。

・地図の著作権については,基本的なことを頭に入れておく必要があると感じました。
 地図は,著作権法 第十条六項で著作物として例示されています。図表,模型も著作物になります。著作者は,著作者人格権と財産権を有しています。それぞれの権利はさらに細かく分けられています。
 疑問に思ったら専門家に相談するのが良いのでしょう。

・著作権の制限規定があります。
 私的使用のための複製は認められています(同法 第三十条)。どのくらいの人数まで私的使用と認められるかは難しいところだそうです。制限規定には,さらに制限があるので注意が必要です。
 引用については所定の要件を満たす必要があります。公表されたものであること,引用と分かるようにはっきりと区別すること,出所を明示することなどです。

・地理院の地図については,より自由に使えるよう検討が進められていて,来年3月までには答申が出るそうです。2017年9月時点での中間報告がウェブに載っています。
( 例えば,http://www.gsi.go.jp/common/000194382.pdf )

・オープン・ストリート・マップ(OSM)は,市街地の地図はそれなりに使い道がありそうですが,等高線が表示されていないので,コンサル業務ではあまり使い道はないと思いました。
 ただし,誰でも地図の作成に参加できるので,グーグルマップより詳細な部分があるそうです。
( https://mierune.co.jp )( http://www.osmf.jp/home )

・NTT空間情報株式会社の GEOSPACE は,一部の山間地を除いてほぼ全国をカバーしていて3km^2(1画角)1万5千円だそうです。詳しくは,下のウェブサイトです。
( http://www.ntt-geospace.co.jp )

 余談ですが,このセミナーでは,"sli.do" と言う道具が使われました。
 ウエブサイトを利用して,参加者がスマホなどで質問を出すとそれがスクリーンに映し出されるという道具です。質問用紙がいらず,会場のみんなが質問内容を見ることができるので便利です。結構,質問が出されていました。
( https://www.sli.do )

2017年度 土砂災害予測に関する研究集会2017/12/17 13:30

 標記講演会が,2017年12月7日(木)と8日(金)に防災科学技術研究所で開かれました。たまたま,神奈川に行っていたので,7日だけ参加しました。
 つくばは遠いと実感しました。秋葉原から「つくばエクスプレス」に乗り「つくば駅」へ。秋葉原までで,すでに1時間半かかっていました。
 幸い,防災科研のマイクロバスに乗れたので,無事到着しました。ただし,つくば駅でウロウロしたので昼飯を買うことができず,この日は昼飯抜きになりました。


号再科学技術研究所
写真1 防災科学技術研究所の玄関


千木良氏
写真2 講演する千木良氏

 7日の内容は次のとおりです。8日は,セッション2から4までが行われました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特別講演 千木良雅弘氏(京都大学防災研究所):深層崩壊発生の準備過程としての重力斜面変形

<セッション1:重力変形地形と深層崩壊発生予測>

木下篤彦氏(国土技術政策総合研究所)ほか:紀伊山地における深層崩壊危険箇所の特徴と水文・水質調査について

内田太郎氏(国土技術政策総合研究所)ほか:深層崩壊発生場所の予測と山脚固定効果の定量化の試み

西井稜子氏(新潟大学)・木村克己氏(防災科学技術研究所):付加体の地質構造が大規模崩壊の発達に及ぼす影響:南アルブス アレ沢崩壊の例

小嶋 智氏(岐阜大学):中部日本の高山〜低山域の付加体分布地域に発達する山体重力変形地形の特徴と発達過程

木村克己氏(防災科学技術研究所):斜面崩壊に認められる付加体の地質構造制約

永田秀尚氏(風水土):断層・破砕帯とランドスライド:素因・過程・結果

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 感想です。

・近年,様々な手段が開発され斜面変動についても精度が上がってきています。
 特に,レーザー測量の威力は大きく,微地形を見事に捉えることができます。さらに,地形解析も様々なソフトが開発されてきているのが印象的です。

・一方で,木下氏の報告のように,地形的に岩盤クリープを起こしていると判断された地域で湧水の電気伝導度を測定すると周辺に比べ高い値を示すことから,崩壊危険斜面を抽出するという手法は簡便で効果的な方法と思います。

・小嶋氏は上高地・梓川西の北東−南西方向の尾根に見られる凹地(二重山稜)の堆積物を調査し,山体重力変形の履歴を明らかにして危険度判定に役立てようとしています。このような地道な調査は貴重です。

・付加体堆積物では,デュープレックス構造が発達していることがあります。これが斜面崩壊の素因となっている例を木村氏は紹介しました。大規模な崩壊では,その地質体が持っている地質構造に注意する必要があると言うことです。

 講演内容からは,時間をかけて出かけただけのものが得られました。

小湊鐵道2017/12/18 18:12

小湊鐵道は,房総半島の内房線・五井駅から養老川に沿って内陸を縦断している鉄道です。上総中野駅が終点ですが,その先は,いすみ鉄道となって外房線の大原駅まで繋がっています。両方を合わせて房総半島を斜めに横断する路線です。


小湊鐵道では ICカード乗車券は使えません。内房線の五井駅で降りたら階段を上がって左に行くと小湊鐵道の3番線ホームに行けます。ホームに降りる手前にICカードの簡易改札機があります。おばさんが,1日フリー乗車券や2日間有効の五井-養老渓谷往復割引乗車券を売っています。


小湊鐵道は,上総牛久までは1時間に1本以上の便がありますが,その先は2時間に1本程度となるので途中見学する場合は,ある程度計画をつくっていかないと脱出できなくなる可能性があります。


小湊鐵道の名前の由来は,小湊山誕生寺への参詣輸送などを目的としたことから命名されたとのことです(小湊鐵道のサイトより)。上総中野から南下して安房小湊まで行けるようにする予定だったのでしょう。


五井駅

写真1 小湊鐵道,五井駅の改札口

改札口には人はいません。左に券売機があり,奥では,おばさんがフリー切符などを売ってくれます。この手前にICカードの簡易改札機があります。内房線の改札口は,この後ろにあります。



上総牛久駅

写真2 上総牛久駅

ここまでは結構本数があります。



列車内

写真3 満艦飾の列車

たまたま乗った便です。お客さんに喜んでもらおうと色々工夫をしています。



月崎駅

写真4 月崎駅

朝8時前です。前の晩は養老温泉に泊まり,養老渓谷駅7時35分発の便でやってきました。小・中・高校生が一緒でした。

駅前のお店で朝飯のあんパンと飲み物を買い,歩いて「チバニアン」露頭へ向かいました。店のおばさんは,要領良く道を教えてくれました。



上総大久保駅

写真5 上総大久保駅

左手の桜の木の向こうが駅舎ですが,どこに駅舎があるか分からないほど,こぢんまりとしています。白い建物は便所です。駅舎は古いままですが,どの駅もトイレはきれいです。



上総大久保駅列車

写真6 上総大久保駅に列車が来ました

「チバニアン」露頭から県道・清澄養老ラインを歩いて上総大久保駅に来ました。午前10時40分発の便に間に合いました。



逆開発ポスター

写真7 頑張る小湊鐵道

小湊鐵道は大正6(1917)年に設立されました。今年で100年になります。五井と里見の間の営業を開始したのは大正14(1925)年です。

 上総大久保駅に張られているこのポスターには,次のように書かれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

THANKS

100年の夢を見た。いま、100年の夢を見る。


逆開発はじめました。


今から5,000年以上前、この辺りでは縄文人が自然との共同生活をはじめました。養老川の大いなる恵み、雑木からの食糧確保、燃料(火)としても活用していたことでしょう。われわれ現代人は進化したのでしょうか。自然との共存なしにこれからの暮らしは成り立つのでしょうか? こたえは逆開発の先にある!のかも・・・。小湊鐵道養老渓谷駅前は雑木が茂る森になります。トリが歌い、チョウが舞い、ヒトが集う。まずはじめてみました!


SATOYAMAは

懐かしい未来です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



地震発生確率2017/12/25 16:45

地震発生確率


<千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)>


2017年12月に「千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)」が地震調査研究推進本部 地震調査委員会から出されました。主な対象地域は,十勝沖,根室沖・色丹島沖,択捉島沖です。


新聞などの報道で大きく取り上がられたのは,M9クラスの超巨大なプレート間地震(「超巨大地震(17世紀型)」)です。津波堆積物調査の結果から,平均発生間隔が340年~380年とされ,今後30年以内の地震発生確率は7~40%で,規模はM8.8程度以上とされています。

この根拠となっているのは,霧多布湿原(きりたっぷ・しつげん:浜中町)の5層と藻散布沼(もちりっぷ・とう:浜中町)の7層の津波堆積物とその年代です。


この発生確率というのが非常に分かりにくいです。今回発表された予測では次ような注釈が付けられています。しかし,この文章を自分のこととして考えることのできる人間がいるでしょうか。例えば,「今後30年間に,約100年に1回程度,震度6弱以上の揺れが起こる」とはどういうことなのか。


------------------------------------

「今後30年間に震度○○以上の揺れに見舞われる確率」が,0.1%、3%、6%、26%であ ることは、ごく大まかには、それぞれ約 30,000 年、約 1,000 年、約 500 年、約 100 年に 1回程度震度○○以上の揺れが起こり得ることを意味しています。

------------------------------------


千島海溝地震検討範囲

図1 千島海溝地震の検討範囲(地震本部,2017年12月)

今回検討した千島海溝地震の範囲は襟裳岬からウルップ島の北までの範囲です。ごくおおざっぱに言って,長さ850km,幅200kmの範囲です。ウルップ島の北のブッソール海峡には太平洋から東南東-西北西方向の凹地が形成されていて,サハリン沿岸の海流は,ほとんどこの海峡から太平洋に流出しているようです。千島列島については津波堆積物の調査が十分ではありません。


超巨大地震進言

図2 超巨大地震の震源域(地震本部,2017年12月)

十勝沖(T),根室沖(N) と海溝寄り(S)が,同時に破壊した場合に超巨大地震(17世紀型)が起きると考えられています。長さは300km以上,水平幅は100km,深さは60km程度までです。海溝よりの領域も連動すると考えられています。


6弱以上の地震確率

図3 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

2010年1月1日を基準日として:地震本部,2010年5月)

北海道の太平洋側では,十勝川河口周辺と釧路から東の地域の確率が高くなっています。さらに注目すべきは伊豆半島から足摺岬にかけての太平洋岸が26%以上の確率となっていることです。この図は,2011東北地方太平洋沖地震が起こる前の予測です。



<地震発生確率>


地震の発生確率の計算では,最終活動時期からの経過時間が分かっている地震については,経過時間に従って変化する確率をBPT(Brownian Passage Time)分布モデルというのを使っています。

このモデルの特徴は,

 1)一定の速度で蓄積する歪みと不規則に変化する歪みとからなる物理モデルに対応している

2)時間が無限に経過するとゼロでない特定の値に近づいていく

 ということです。


1)は,プレート運動によって引き起こされると考えられている地震の発生確率を計算するには都合の良い性質です。

2)については,図4に例を示しました。

平均活動間隔が1,000年の地震(内陸地震)の場合,平均活動間隔の時間が経過しても,地震発生確率は11%で,100%ではないのです。平均活動間隔の2倍の時間が経過したときの地震発生確率は,20%となり無限に時間が経過しても23%で頭打ちになります。

このことが一般の人たちの間隔とズレてしまう原因と思います。

例えば,天気予想で雨の確率50%と聞けば,多くの人は万一雨が降った場合のことを考えて傘を持って出かけるでしょう。

 しかし,プレート間地震のような平均活動間隔が100年の地震の場合,前の地震が起こってから50年経過で地震発生確率は約20%,80年経過しても65%少々の確率です。


発生確率グラフ

図4 今後30年以内の地震発生確率グラフ(地震本部,2001)

平均活動間隔が100年の地震が起きてから80年経過したときに次回地震が発生する確率は約65%です。満期の100年経過しても発生確率は約75%です。

このことは,2001年の報告書でも注意を喚起しています。



発生確率四分位

図5 今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

(震源断層を特定できる海溝型地震:地震本部,2017)

この図は,数字でなく確率を四分割してランク付けしています。色の濃いところほど地震が差し迫っていることを示しています。3/4より確率の高い所に住んでいる人は,万一に備えて準備しておくのが賢いでしょう。


参考にした図書など


・気象庁

 気象庁震度階級関連解説表

( http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/shindo/kaisetsu.html )


・地震本部

 千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)

( http://www.jishinhonbu.jp/main/chousa/kaikou_pdf/chishima3.pdf )

 長期的な地震発生確率の評価手法について,2001年6月

( http://www.jishin.go.jp/reports/research_report/choukihyoka_01b/ )


・日本財団図書館

 ハナサキガニと人々の生活を繋ぐ流れの解明 2005年度成果報告書

( http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00376/mokuji.htm )