本の紹介:私たちは戦争を許さない2017/10/13 11:29


私たちは戦争を許さない
安保法制違憲訴訟の会 編,私たちは戦争を許さない−安保法制の憲法違反を訴える.2017年8月,岩波書店.

 この本は,2015年9月19日未明に強行採決によって成立した安保法制(平和安全法制)の違憲訴訟を行っている「安保法制違憲訴訟の会」が,裁判での陳述書をもとに編集した本です。

 項目別に4つに分けられていますが,全部で 49 編の文章が収録されています。
 安保法制によって現在どんなことが起きているのか,太平洋戦争を体験した人たちの証言,安保法制が成立したことによって今現在感じている不安,立憲主義・平和的生存権などが侵される危機感など,様々な文章が載っています。

 現在行われている衆議院選挙では,憲法改悪が争点となっています。
 この本を読むと,憲法を変えたいと考えている人たちが,いかに想像力に欠けているかが良く分かります。戦争をするということは,アフガニスタン,イラク,シリアで起きてきて,今も起きている事態が日本で起こるということです。
 また,戦争をするということは,膨大なお金を必要とします。普通の生活を送ることができなくなります。

 自衛隊は,その誕生からアメリカ軍の手先としての役割を与えられてきました。
 今の憲法がアメリカに与えられたものだから変えたいという。であれば,自衛隊をアメリカ軍の指揮系統から独立させることを何故しないのか。在日アメリカ軍と外務省の間(日米合同委員会)で決められているアメリカ軍の特権を何故,認め続けるのか。

 脱線してしまいましたが,この本を買って読み始めましたが,二話くらい読むとその先読む続けられず読み終わるのに,かなり時間がかかりました。

 私は,1943(昭和18)年生まれですから戦争の記憶はありません。横浜で空襲に遭って父や母の実家に疎開したそうです。
 戦争が終わって横浜の田舎に引っ越しました。今のこどもの国,戦争中は陸軍の田奈弾薬庫補給廠,その後はアメリカ軍の弾薬庫になっていた場所の近くです。
 その頃から記憶があります。家の近くは田んぼでしたのでアカガエル,ドジョウなどを食べました。桑の実がものすごく美味しかったのを覚えています。
 アメリカ軍の弾薬庫前の広場に十輪(ダンプカー)が荷台からチョコレートやお菓子をばらまくのを先を争って拾いました。

 先に紹介した海老名香葉子さんの「いつも笑顔で」を読んでも感じましたが,戦争は絶対に起こしてはダメだと強く思います。( http://geocivil.asablo.jp/blog/2017/08/ )


ジオ・フェスティバル in Sapporo 20172017/10/12 20:18

 今年も札幌市青少年科学館で「ジオ・フェスティバル in Sapporo 2017」が開かれました。10月7日(土)の9時半から16時半まででした。
 この日は,札幌市青少年科学館の「開館記念感謝デー」のため,大人も入館料はかかりませんでした。

 出展団体は,中学校,高等学校,大学,博物館,学会,そして道総研地質研究所や北海道開発局,寒地土木研究所など多彩でした。
 普及活動(アウトリーチ:outreach)が普通に行われるようになってきて久しいですが,戦後の学会では地学団体研究会が活動の三つの柱の一つとして重視し,現在も続けている活動です。


札幌市青少年科学館
写真1 札幌市青少年科学館
 入口前の紅葉が真っ盛りでした。昼過ぎですが続々と親子連れがやってきます。


ジェオフェスティバル会場
写真2 ジェオフェスティバル会場
 エスカレーターで2階へ上がって左に行った奥が会場です。


地質研究所
写真3 道立総合研究機構・地質研究所
 きれいな小さい石や鉱物でミニ標本を作っています。


火砕流実験装置
写真4 大規模噴火と火砕流の実験装置
 大規模な噴火により火山灰が成層圏まで上昇し,地上では火砕流が山腹を流れ下る様子を再現しています。非常に良くできた装置です。北翔大学教育学科の学生です。


河道の変動
写真5 河道の変化実験
 黒い砂と白い砂を使って川の流路の変動を再現しています。網状河川の様子が良く分かります。天然ダムの決壊を試みましたが,周辺からの漏水で決壊には至りませんでした。寒地土木研究所・水環境保全チームです。


地すべり実験装置
写真6 地すべりの実験装置
 年々進化している地すべり再現装置です。北海道地すべり学会ほかの出展です。


宮島沼2017/10/11 18:29

 2017年10月5日(木)の朝8時頃,宮島沼へ行ってきました。ちょっと,アップするのが遅くなりました。

 本当は,隈根尻山に登りたかったのですが,道民の森の林道がすでに冬季閉鎖になっていて,歩いて行く元気もなかったので宮島沼に行きました。

 マガンが結構集まっていて,周辺を飛び回っていて鳴き声が賑やかでした。
 この日の数は出ていませんでしたが,10月3日で2万羽と書いてありました。


隈根尻山
写真1 宮島沼の駐車場から見た樺戸山地
 中央の二つの峰が隈根尻山で,その左に待根山とピンネシリが見えます。浦臼山は雲に隠れています。


宮島沼
写真2 宮島沼
 マガンの数はそれほど多くありません。


マガン
写真3 一斉に飛び立つマガン
 何に驚いたのか一斉に飛び立ちましたが,すぐに沼の別の場所に着水しました。


観察小屋から
写真4 観察小屋から
 135mmで撮影しました。鳥の表情を撮るには望遠でないと厳しいです。


本の紹介:教科化された道徳への向き合い方2017/10/11 15:47


教科化された道徳への向き合い方
碓井敏正,教科化された道徳への向き合い方.2017年9月,かもがわ出版.

 著者が,この本を著したのは,
 「子どもの自由な成長に対する願いと,「教育勅語」の使用を認めることに象徴される,現在の保守政権の歴史逆行的な教育政策に対する危機感であり,さらにそれをより高い立場で乗り越えようとする,実践的問題意識である。」(本書「はじめに」より)。

 哲学や倫理学を専門とする大学教師の道夫と小学校のPTAの役員を経験したことのある妻の徳子との対話形式で話が進みます。

 道徳科の教科化は対症療法で,受験中心の競争教育,画一的な生徒管理,権利意識の希薄な学校文化,といった学校教育のゆがみを直す原因療法を取らないと,学校が今抱えている問題の解決から,かえって遠ざかってしまいます。
 学校を,横の関係が軸になる自治的組織として再生させることが先決です。

 道徳教育には現代的可能性があります。
 道徳的規範には普遍的性格があるので,これを理解しておくことが必要です。人間や社会の本質に規定されて歴史を越えた普遍的な規範があります。自然に対する配慮,労働に関わる勤勉さ,人との協力の必要性などです。
 このような普遍的規範を子供たちに伝えていくために道徳教育に取り組むことが必要です。

 個人の自由と自立によってなり立つ近代社会の基本概念である人権についての教育と道徳教育との関係の理解が大事です。
 つまり,他者の権利を常に念頭に置いたかたちで,道徳教育を行うことが必要です。例えば,一人一人はみんな違っていて,それが尊重されるというのは人権教育の柱です。このことが定着すれば,いじめを生む画一的な学校文化を変えていくことになります。

 人間には,積極的に問題解決に取り組む主体性を持てないという根源的弱さがあることを認める必要があります。そういう弱さを持っているのは人間だからだという自己肯定感を持たせることが大事です。

 道徳科が教科となることで,評価をどうするかが大きな問題となります。間違った評価をした場合,道徳科は人格そのものに関わるので,子どもの心を傷つけます。

 道徳教育で大事なことは,子どもと先生,子どもと親,子どもと地域社会といった相互の信頼関係を作り出すことです。

 *2018年度から「特別の教科 道徳」(道徳科)が始まります。さらに,道徳教育の全面的改定は2020年度からの次期学習指導要領で順次始まります。これにどう取り組むかという実践的な内容と同時に,道徳とは何かという根本的な問題も検討した良書だと思います。


本の紹介:歩いてわかった 地球のなぜ!?2017/10/10 16:43


歩いてわかった 地球のなぜ!?
松本穂高,歩いてわかった 地球のなぜ!?.2017年4月,山川出版社.

 オールカラーで世界の自然を紹介しています。アジア,ヨーロッパ・アフリカ,アメリカ大陸・オセアニア,そして日本の51箇所を紹介しています。

 ほとんどの写真は著者が撮ったものなので,説明も説得力があります。地形・地質だけでなく,動植物,人間の自然改変の影響,例えばフィリピンの棚田やニューギニアのコーヒー生産など,自然の不思議を色々な面から解説しています。目から鱗という話も沢山あります。

 旅行にこの本を持って行くと楽しみが増えると思いますし,読んで楽しい本です。


本の紹介:街の中で見つかる「すごい石」2017/10/10 13:39


街の中で見つかる「すごい石」
西本昌司,地質のプロが教える 街の中で見つかる「すごい石」.日本実業出版社,2017年7月.

 国会議事堂や日本銀行本店,日本橋三越などの建物に使われている石材,江戸城や姫路城の石垣の石,北海道から島根県で使われている各種石材,色々な石灰岩や大理石,各地の御影石などを紹介した本です。
 最後に,丸の内,新宿,大阪中の島と淀屋橋,京都の石文化,名古屋の街の石材など,それぞれの地域の見どころを紹介しています。

 石材を説明する場合,石材の産地や石材の通称が結構大事になります。西本氏は,矢橋大理石株式会社( http://www.yabashi-marble.co.jp/index.html )の矢橋修太郎氏ほかに,石材について教示を受けたと記しています。

 読む本と言うより,それぞれの場所へ行く時に持って行って,現地で色々な石を見る手助けとするのに良い本です。文章に勢いがあり,読むと現地を見たくなります。ただ,その分,多少乱暴な表現が見受けられます。


神保哲生氏 民主市議の危機に立ち向かう2017/09/13 08:52

 2017年9月11日(月),札幌市のエルプラザで開かれた第60回人権擁護大会 プレシンポジウムで,表記の講演が行われました。


神保哲生講演会
「第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」のチラシ

 神保氏はコロンビア大学のジャーナリズム大学院修士課程を卒業し,AP通信記者などを経て1999年にニュース専門のインターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム 」( http://www.videonews.com )を立ち上げました。
 講演の中で神保氏が明らかにしていましたが,ビデオニュース・ドットコムは,現在,会員は16,000人で,広告を一切出さずにニュース放送を行っています。 

☆メディアとは
 メディア(media:mediumの複数形)とは,媒体・仲介者という意味です。
 1445年頃までに J. グーテンベルクが活版印刷技術を考案し,革命が起きました。これはコンテンツ革命つまり中身の革命であったのです。この発明によってコンテンツを大量に複製することが出来るようになりました。
 コンテンツには報道,教育,娯楽,広告などがあります。報道(ジャーナリズム)は,社会生活の上で必要な情報を伝えることです。それには,中立性(独立性),信頼性,課題の共有が必要です。
 そこで問題となるのは,そのコンテンツをどうやって多くの人に伝えるかです。この伝送路(メディア・ルート)を押さえているのがマス・メディアです。

☆メディアの危機
 アメリカでは良質な地方紙が激減しています。その結果,地方の政治が腐敗するという事態が生じています。
 日本では,基本的に1県1紙で,ブロック紙として北海道新聞,中日新聞,西日本新聞があります。ただし,沖縄と福島には2紙あります。
 最近は,インターネットによる伝送路が出来ました。
 インターネットの普及は,次のような変化をもたらしました。
  伝送路:極少→無限
  参入障壁:極高→低下
  マスメディアの影響力:大→低下
  マスメディアの収益性:高→低下
 アメリカほど急激な変化は起きていませんが,日本でも大手メディアは危機を迎えています。

☆メディアの構造問題
 国連人権理事会の特別報告者 D.ケイ氏は,2017年6月に次のように述べています。
  ・放送法4条は曖昧で,改正の必要がある。
  ・政府とメディアの距離が近すぎる。
  ・特権を守るためにメディアは自主規制をしている。
  ・秘密保護法は,メディアが萎縮しないように改正する必要がある。
  ・メディアが分断されている。

 マス・メディアの特権には次のようなものがあります。
  ・記者クラブ制度:それぞれの役所に記者クラブがあり,そこに所属している会社しか情報が貰えない。
  ・再販制度により新聞,雑誌,CDなどは勝手に値段を決めることが出来る。つまり,独占禁止法の対象から除外されている。
  ・新聞社とテレビ局を同じ資本が持つことが出来るクロスオーバー制となっているので新聞とテレビの相互批判がなされない。
 これによって,圧力をかけなくても自主規制が行われるという構造になっているそうです。

☆どうするか
 一人一人が受け手としてのマインドを変えることが必要です。
また,オープンになった伝送路を活用してコンテンツを発信することが大事です。

☆質疑応答で
 質疑応答で出た話を紹介します。
・安倍首相の記者会見
 安倍首相の記者会見での冒頭の発言は,プロンプター(原稿を流し伝える装置)を見て行っています。質疑応答になるとプロンプターは引っ込みます。質問,回答とも,すべて役人が準備したもので,質問者は決まっています。
 神保氏は,質問をしたくて何回も手を挙げていますが,一度も当ててもらったことは無いと言います。
・管官房長官の記者会見
 官房長官の記者会見は慣習として時間制限はありません。内容は,ほとんどが業務連絡のようなものです。
 そこへ,東京新聞・社会部の望月衣塑子記者が本質的な質問をしました。これに対して管氏が,まともな返事をしないために何回も同じ趣旨の質問をしているのです。記者会見場の他社の記者は,早く終わって欲しいというのが本音でしょう。記者会見の最中,ひたすらパソコンを打つ音が会見場に満ちています。つまり,やり取りを聞いて自分も質問をして内容を深めるという感じではなく,記録を取って上に上げることが使命になってしまっています。

 民主主義社会におけるメディアの重要性を痛感したシンポジウムでした。

映画 スノーデン2017/09/10 10:20


スノーデン
映画「スノーデン」のチラシ(裏面)

 2017年9月9日(土),札幌プラザ2・5で,3回上映されました。見たいと思っていたのですが,見逃したので見に行きました。

 全世界のメールなどがアメリカ政府に監視されていることを曝露したアメリカ国家安全保障局の職員エドワード・スノーデン氏の物語です。

 この映画の中では,特殊部隊の訓練の様子や無人機による誤爆の映像も出てきます。アメリカという国の鞍部がえぐり出されています。同時に,そこで働く人たちの良心も織り込まれていてます。
 そして何と言っても,スノーデン氏の持ち出した機密情報を報道するメディアの人たちの緊迫したやり取りが見ものです。ここには,アメリカの良心が生きていることが示されています。

 この映画館の座席数は380席弱です。満員という状態ではなかったですが,結構,人は入っていました。
 
 私は聞けませんでしたが,札幌弁護士会の齋藤 耕氏が1回目と2回目の上映の合間に「監視社会(秘密保護法+共謀罪)を考えるお話」と題して講演を行いました。


フォレスタ コンサートin札幌2017/09/09 18:47

 札幌市のニトリ文化ホール(定員2,300名)で行われたフォレスタのコンサートは,満員の状態でした。
 2017年9月8日(金),午後2時から4時半頃まで歌を満喫しました。ウィークデーの日中なので年配の人が多かったです。

 フォレスタというのは,「BS日本・こころの歌」のために結成された混声コーラスグループです。今回は,男性6人,女性6人それにピアノ演奏の女性3人でした。foresta はイタリア語で「森」という意味だそうです。

 途中15分ほどの休憩を挟んで18曲を聴かせてくれて,アンコールで2曲と大サービスでした。BS 日テレでやっている「BS日本・こころの歌」では,不動の姿勢で振りもなく歌を聴かせてくれていますが,この日は歌を交えてそれぞれの自己紹介やダンスなどがありました。また,会場に降りて来て歌ってくれました。
 ピアノ演奏の3人の方も自己紹介をしました。

 フォレスタの歌は,まるで一人の人が歌っているように,ぴったりと息が合っているのが大きな特徴と思います。これにハーモニーが加わりますから,ぞくっとするような歌になります。

 この日は,「故郷」から始まって,最後は松山千春の「大空と大地の中で」終わりました。途中で,「毬藻の唄」をみんなで歌いました。

 日本の歌の好きな人は,まず毎週夜9時からの「BS日本・こころの歌」を聞いてみるのが良いと思います。



本の紹介:資本論入門2017/09/08 11:29


資本論入門
Y. モスト 原著 K. マルクス 加筆・改訂,大谷禎之介 訳,
マルクス自身の手による 資本論入門。大月書店,2009年10月。

 「資本論」は読んでみたいと思わせる本です。

 その昔,第一巻だけでも読まなければと思い,大月書店の文庫版を買いました。1966年から1969年にかけて発行されたものです。

 ここで紹介する「資本論入門」は分かり易いです。
 原著者の Y. モストは1846年にドイツで生まれ,スイス,ドイツ,イギリス,北アメリカなどで政治活動を行いました。そして,逮捕,拘束されている間に,この本の原型となる「資本と労働—カールマルクス著『資本論』のわかるダイジェスト」を書きました。1874年のことです。
 「資本論」第1巻の第1版が出たのが1867年,第2版は1873年に発行されていますから,「資本論」の普及には役に立ったのだろうと思います。

 この「資本と労働」について,マルクスが全面的に改訂を行ったものが,この本です。

 この本には色々な工夫が凝らされています。何と言っても,「です,ます」調になっていることが挙げられます。「資本論」からの引用も同じ文体です。「あとがき」で訳者の大谷氏が言っているように,内容を理解することに役立っていると思います。
 マルクスが加筆・改訂した部分は,黄緑色でマーキングしてあります。資本論からの引用部分はゴシック体になっています。資本論のもともとの文章も,マルクスによって書き直されている部分があります。

 まず,この本を熟読し,もう一度「資本論」に挑戦してみようかなどど妄想しています。それは,今の社会がどうなっていくのかを見通す助けになるのではないかと考えるからです。