本の紹介:動く大地、住まいのかたち2017/10/30 11:38


動く大地 住まいのかたち
中谷礼仁(なかたに・のりひと),動く大地、住まいのかたち プレート境界を旅する.2017年3月,岩波書店.

 日本とアジアはプレートテクトニクス運動の境界を通じてつながっていると講演の中で言った防災研究者の言葉をきっかけにして,ユーラシアプレートの南の境界であるインドネシアの島から地中海の出口のフェズ(モロッコ)までの住まいを訪ねた記録です。
 著者は,建築史,歴史工学,建築理論が専門です。

 プレート境界に特有の大地の姿とそこに生まれた多様な文明,同時にプレート境界で発生する自然災害,創造と破壊の二つの面を兼ね備えているプレート境界で,人々がどのような住まいをつくり,文化を紡いできたのかを見てみたいという思いから始まった旅です。

 この本を読むと,世界には自然をうまく利用しながら住む処をつくってきた人々の生活があることが良く分かります。

 なお,日本地質学会News,20巻,9号(2017年)で茨城大学の伊藤 孝氏が,この本を紹介しています。この本を読んでみたくなる優れた紹介です。

 世界のプレート収束帯については,木村 学氏の「プレート収束帯のテクトニクス」(2001年2月,東京大学出版会)にまとめられています。


本の紹介:海の底深くを探る2017/10/24 16:36


海の底深くを探る
白山義久・赤坂憲雄 編,フィールド科学の入口 海の底深くを探る.2015年9月,玉川大学出版部.

 I 部の海洋生物学者・白山(しらやま)氏と民俗学者・赤坂氏の対談が非常に良いです。フィールド科学の魅力と重要性が伝わってきます。
 赤坂氏が衝撃を受けた本として,宮本常一の「忘れられた日本人」を挙げています。民俗学もフィールド調査が重要です。白山氏と共鳴できる部分があることが分かります。

 白山「・・基礎科学としての海洋学は,海洋の基本的な理解をとおして,このような社会(*サステイナブルな社会)をつくりあげるために必要不可欠な科学的知見を提供することが,最大の社会貢献だと思っています。」
 赤坂「・・海っていうのが,領海とかいうレベルではなく,ある種の可能性の宝庫として再発見されていかないと,この国の将来イメージ,将来像っていうのがたぶん豊かに描けないな,って感じています。」(本書61-62)

 II 部の藤倉克則氏の「深海生物研究のフォールドワーク」,III 部の青山 潤氏の「ニホンウナギの大回遊を追いかける」は,海での仕事の魅力が十分に伝わってきます。

 2年前に出版された本ですが,面白い内容が満載です。

 この「フィールド科学の入口」シリーズには,小泉武栄・赤坂憲雄 編「自然景観の成り立ちを探る」があります( http://geocivil.asablo.jp/blog/2014/01/08/ )。この本も面白い本です。


北海道ロードレース2017/10/23 10:46

 2017年10月22日(日),豊平川河川敷コースで今年最後のランニング大会がありました。
 肌寒く風の強い日でしたが,何とか10kmを完走できました。タイムは1時間09分42秒,1km7分のペースです。
 走る前は調子が良いと感じていましたが,走り始めたら最後まで走りきれるのか心配になりました。ほとんど余力のない状態でゴールしました。

 この大会は,北海道のシーズン最後の大会として開かれました。最初の頃は11月初めでしたが,天候の条件が悪くミゾレの中を走ったこともありました。今は,10月下旬に開かれるようになり,気候としては問題なく走れるようになりました。

 今年は紅葉がきれいです。真駒内公園のカエデ,ナナカマド,シラカバは見事でした。

 日本ハムファイターズの根拠地として真駒内公園が上がっているそうですが,ここは豊平川の段丘が何段か残っていて,地形的には非常に貴重な場所です。
 戦後は,進駐軍に占拠されたり冬季オリンピックの会場,選手村になったりしましたが,それほど大きく改変されていません。
 このまま,公園として残したい場所です。


真駒内駅の紅葉
写真1 地下鉄真駒内駅前の紅葉
 この日は,曇り空で肌寒かったですが,走るのにはちょうど良い条件でした。

ナナカマド並木
写真2 真駒内スタジアムに向かう道のナナカマド
 この左に選手村の宿舎があります。現在はアパートとして利用されています。


真駒内公園
写真3 真駒内公園


真駒内駅
写真4 地下鉄真駒内駅
 後ろの山も見事に紅葉しています。支笏火砕流堆積物の丘です。


北海道らしい 無電柱化を考える2017/10/20 21:48

北海道らしい 無電柱化を考える 
風土と景観を活かしたまちづくりのために

 2017年10月19日(木)午後2時から5時半まで,札幌市の「かでる2・7」のホールで,表記シンポジウムが開かれました。会場が,ほぼ一杯になる400人近くが参加しました。
 以下,主な講演の概要を述べます。

<神田大朗氏(北海道開発局建設部 道路維持課 課長補佐)>
「無電柱化の現状とこれから〜北海道における無電柱化の推進に向けて〜」


神田開発局道路維持課長補佐
写真1 神田課長補佐

 北海道における無電柱化の必要性は次のようにまとめられます。
1)道路の防災性の向上:台風などの強風,大雪,地震で電柱が倒れ,送電が止まってしまうような事態を避けることができます。
2)安全で快適な通行空間の確保:電柱が歩道を塞いでいることがあったり,大雪の時の除雪で電柱が邪魔になったりと言うことがなくなります。
3)良好な景観形成による観光振興:電柱がなくなることによって街の景観が改善されたり,道路からの眺めが良くなります。

 全国的に見ると無電柱化は東京が約5%,兵庫,岐阜,大阪が約2.5%であるのに対して北海道は約1%です。ロンドン,パリ,香港は無電柱化100%です。
 北海道の国道は約6,600kmで,そのうち無電柱化延長は約50kmです。

 北海道における無電柱化の課題は,
1)凍結深より深く管路を埋設する必要があります。ただし,光ケーブルは凍結してもそれほど劣化しないという結果が出ています。(山下氏の講演)
2)無電柱化の費用が高くなり,施工に時間がかかります。これについては,専用のアタッチメントなどの開発が進んでいます。(同上)

 無電柱化の整備手法は色々あります。
1)地下への埋設:根本的な方法です。美瑛町では,区間を切って地中化をした場所があります。(浜田美瑛町長の講演)
2)裏配線:眺めを邪魔している電線を道路の反対側に移すことで改善できる場合があります。例としては,国道276号の倶知安町八幡ビューポイントでは,羊蹄山の眺めの手前にあった電柱を反対側に移設しました。

 そのほか,コストの問題,関係者間での事業調整の難しさ,職員の能力の問題などがあります。
 既設施設を電線共同溝として利用する,管路整備に関する民間の技術などを活用するといった整備手法があります。

 コスト低減の手法としては,1)管路を浅いところに埋設する,2)小型のボックス内に電力ケーブルと通信ケーブルを一緒に埋設する,3)ケーブルを埋設管を使わないで直接埋設する,などの手法が検討されています。

<石田東生氏(日本みち研究所 理事長)>
「無電柱化と道路製作のイノベーション」

石田理事長
写真2 石田理事長

 平成29年8月22日に社会資本整備審議会・道路分科会で建議『道路・交通イノベーション〜「みち」の機能向上・利活用の追求による豊かな暮らしの実現へ〜』を決定しました。石田氏は分科会長を務めました。その中の資料の一つに,「無電柱化の取り組みについて」というものがあります。
( http://www.mlit.go.jp/common/001202621.pdf )
 そこでは,道路・交通から社会経済を変革することを目指していて,その一つが無電柱化です。

 イノベーションというは,技術革新という狭い意味ではなく「経済・社会システムを改革」することです。J. シュムペーターが,1911年に『経済発展の理論』の中で提唱した「新結合」が初出です。
 この社会資本という概念は,社会基盤の整備ということだけでなく,自然環境,道路などの社会的インフラストラクチャー,教育や医療・金融・司法などの制度資本を含むものと拡大されてきました(*例えば,宇沢弘文,社会的共通資本.岩波新書)。

 2016年3月に閣議決定された「北海道総合開発計画」では,食と観光を担う生産空間をつくることを謳っています。そのためには,北海道だけの感動を与える風景をつくり出すことが必要です。
 2003年から始まったシーニックバイウェイ(景色の良い脇道)では,道路周辺の景観を整える試みも行われています。例えば,国道276号・倶知安町八幡駐車場(ビューポイント・パーキング)では,電柱を移設して羊蹄山の眺めを確保しています。
( http://www.hkd.mlit.go.jp/ky/kn/dou_kei/ud49g7000000tflt.html )

*シーニックバイウェイとは「主に自動車の走行する道路からの視点で、景観、自然、文化、レクリェーションといった要素によって観光や地域活性化などを目的として、地域の魅力を具現化するための取り組み、またはそのためのルートのこと。」(ウィキペディア,最終更新 2016年10月4日 (火) 11:55)

<その他の講演>
 山下彰司氏(寒地土木研究所):北海道から見た無電柱化に必要な技術開発〜自然・田園地域及び寒冷地における方策〜
 浜田 哲氏(美瑛町長):まちづくりと景観育成
 室谷元男氏(江差町歴まち商店街協同組合監事):歴史資源を生かした交流の町づくり 無電柱化のいにしえ街道
 奥村敦史氏(北海道電力 流通本部 配電部長):無電柱化の取り組み


石田理事長
写真3 パネルディスカッションのメンバー
 左から石田日本みち研究所理事長,浜田美瑛町長,室谷歴まち商店街協同組合監事,奥村北電配電部長です。

<パネルディスカッション>
 佐々木 葉氏(早稲田大学創造理工学部教授)の司会で行われました。これについては省略します。

*1週間くらいでも外国,例えばイギリスに行って帰ってくると,高圧送電鉄塔が異様に見えます。
 このシンポジウムでも電柱のない街の風景が紹介されていましたが,街の中に電線と電柱がある光景は,うっとうしいと感じます。それは,景観と言うことだけでなく,街の中の安全を確保するという点でも大事だと思います。
 それと,北海道の場合,広い低地が多いので高圧送電線を何とかして欲しいとも思います。例えば,札幌の北にある当別町辺りから西を眺めると,平野の向こうに手稲山などの高さの揃った山々が見えます。しかし,送電線の鉄塔が並んでいるので写真を撮るのに良い場所がありません。鉄塔も景色の一部と割り切れば良いのでしょうが。


放射線量の測定結果2017/10/18 14:41

 2014年5月25日から,「はかるっち2」(ひさき設計株式会社:郡山市)で空間放射線量(ガンマ線)の計測を行っています。測定器は,いつも身近に置いていて,北海道内を旅行した時や関東へ行った時も,鞄に入れて持って歩いています。

 2017年4月初めから,累積放射線量に大きな変化が見られました。

 測定から1,000日頃(2017年4月初め)までは日増加率は 0.002ミリ・シーベルト/日でした。年間に換算すると0.7ミリ・シーベルトです。
 ところが,2017年4月初め頃から増加率が急激に増え,7月3日頃まで 0.006ミリ・シーベルト/日で推移しました。
 それ以後は,増加率は多少減少しましたが,0.003ミリ・シーベルト/日で,以前に比べて1.6倍の増加率を示しています。このまま,この増加率が続いた場合,年間0.9ミリ・シーベルトとなります。

 この原因が何なのか,分かりません。
 測定器の劣化については,メーカーに問い合わせましたが劣化防止策は採っているので3年程度では大丈夫とのことでした。
 今後,どのような変化をするか注目です。

 なお,2014年5月25日から2017年10月16日までの1,240日間の累積空間放射線量は,2.50ミリ・シーベルトですので,平均 0.08マイクロ・シーベルト/時間です。最小値は 0.05マイクロ・シーベルト/時間以下(測定限界以下),最大値は 0.54マイクロ・シーベルト/時間(2016年4月3日)です。


累積空間放射線量
図1 2014年5月25日から2017年10月16日までの累積空間放射線量
 放射線の増加率は約 0.002ミリ・シーベルト/日で,年間累積量は0.73ミリ・シーベルトです。




2017年4月10日から7月3日
図2 2017年4月10日から同7月3日までの累積空間放射線量
 この期間は,0.006ミリ・シーベルト/日で,全累積量の3倍の増加率です。このグラフでは,系列1は省略しています。

2017年7月5日から2017年10月16日
図3 2017年7月5日から同10月16日までの累積放射線量
 累積放射線量が急上昇した期間に比べると緩やかな勾配となりましたが,急上昇以前に比べて約1.6倍の増加率です。

                   表1 累積空間放射線量のまとめ
君感放射線量のまとめ_20171014




本の紹介:私たちは戦争を許さない2017/10/13 11:29


私たちは戦争を許さない
安保法制違憲訴訟の会 編,私たちは戦争を許さない−安保法制の憲法違反を訴える.2017年8月,岩波書店.

 この本は,2015年9月19日未明に強行採決によって成立した安保法制(平和安全法制)の違憲訴訟を行っている「安保法制違憲訴訟の会」が,裁判での陳述書をもとに編集した本です。

 項目別に4つに分けられていますが,全部で 49 編の文章が収録されています。
 安保法制によって現在どんなことが起きているのか,太平洋戦争を体験した人たちの証言,安保法制が成立したことによって今現在感じている不安,立憲主義・平和的生存権などが侵される危機感など,様々な文章が載っています。

 現在行われている衆議院選挙では,憲法改悪が争点となっています。
 この本を読むと,憲法を変えたいと考えている人たちが,いかに想像力に欠けているかが良く分かります。戦争をするということは,アフガニスタン,イラク,シリアで起きてきて,今も起きている事態が日本で起こるということです。
 また,戦争をするということは,膨大なお金を必要とします。普通の生活を送ることができなくなります。

 自衛隊は,その誕生からアメリカ軍の手先としての役割を与えられてきました。
 今の憲法がアメリカに与えられたものだから変えたいという。であれば,自衛隊をアメリカ軍の指揮系統から独立させることを何故しないのか。在日アメリカ軍と外務省の間(日米合同委員会)で決められているアメリカ軍の特権を何故,認め続けるのか。

 脱線してしまいましたが,この本を買って読み始めましたが,二話くらい読むとその先読む続けられず読み終わるのに,かなり時間がかかりました。

 私は,1943(昭和18)年生まれですから戦争の記憶はありません。横浜で空襲に遭って父や母の実家に疎開したそうです。
 戦争が終わって横浜の田舎に引っ越しました。今のこどもの国,戦争中は陸軍の田奈弾薬庫補給廠,その後はアメリカ軍の弾薬庫になっていた場所の近くです。
 その頃から記憶があります。家の近くは田んぼでしたのでアカガエル,ドジョウなどを食べました。桑の実がものすごく美味しかったのを覚えています。
 アメリカ軍の弾薬庫前の広場に十輪(ダンプカー)が荷台からチョコレートやお菓子をばらまくのを先を争って拾いました。

 先に紹介した海老名香葉子さんの「いつも笑顔で」を読んでも感じましたが,戦争は絶対に起こしてはダメだと強く思います。( http://geocivil.asablo.jp/blog/2017/08/ )


ジオ・フェスティバル in Sapporo 20172017/10/12 20:18

 今年も札幌市青少年科学館で「ジオ・フェスティバル in Sapporo 2017」が開かれました。10月7日(土)の9時半から16時半まででした。
 この日は,札幌市青少年科学館の「開館記念感謝デー」のため,大人も入館料はかかりませんでした。

 出展団体は,中学校,高等学校,大学,博物館,学会,そして道総研地質研究所や北海道開発局,寒地土木研究所など多彩でした。
 普及活動(アウトリーチ:outreach)が普通に行われるようになってきて久しいですが,戦後の学会では地学団体研究会が活動の三つの柱の一つとして重視し,現在も続けている活動です。


札幌市青少年科学館
写真1 札幌市青少年科学館
 入口前の紅葉が真っ盛りでした。昼過ぎですが続々と親子連れがやってきます。


ジェオフェスティバル会場
写真2 ジェオフェスティバル会場
 エスカレーターで2階へ上がって左に行った奥が会場です。


地質研究所
写真3 道立総合研究機構・地質研究所
 きれいな小さい石や鉱物でミニ標本を作っています。


火砕流実験装置
写真4 大規模噴火と火砕流の実験装置
 大規模な噴火により火山灰が成層圏まで上昇し,地上では火砕流が山腹を流れ下る様子を再現しています。非常に良くできた装置です。北翔大学教育学科の学生です。


河道の変動
写真5 河道の変化実験
 黒い砂と白い砂を使って川の流路の変動を再現しています。網状河川の様子が良く分かります。天然ダムの決壊を試みましたが,周辺からの漏水で決壊には至りませんでした。寒地土木研究所・水環境保全チームです。


地すべり実験装置
写真6 地すべりの実験装置
 年々進化している地すべり再現装置です。北海道地すべり学会ほかの出展です。


本の紹介:教科化された道徳への向き合い方2017/10/11 15:47


教科化された道徳への向き合い方
碓井敏正,教科化された道徳への向き合い方.2017年9月,かもがわ出版.

 著者が,この本を著したのは,
 「子どもの自由な成長に対する願いと,「教育勅語」の使用を認めることに象徴される,現在の保守政権の歴史逆行的な教育政策に対する危機感であり,さらにそれをより高い立場で乗り越えようとする,実践的問題意識である。」(本書「はじめに」より)。

 哲学や倫理学を専門とする大学教師の道夫と小学校のPTAの役員を経験したことのある妻の徳子との対話形式で話が進みます。

 道徳科の教科化は対症療法で,受験中心の競争教育,画一的な生徒管理,権利意識の希薄な学校文化,といった学校教育のゆがみを直す原因療法を取らないと,学校が今抱えている問題の解決から,かえって遠ざかってしまいます。
 学校を,横の関係が軸になる自治的組織として再生させることが先決です。

 道徳教育には現代的可能性があります。
 道徳的規範には普遍的性格があるので,これを理解しておくことが必要です。人間や社会の本質に規定されて歴史を越えた普遍的な規範があります。自然に対する配慮,労働に関わる勤勉さ,人との協力の必要性などです。
 このような普遍的規範を子供たちに伝えていくために道徳教育に取り組むことが必要です。

 個人の自由と自立によってなり立つ近代社会の基本概念である人権についての教育と道徳教育との関係の理解が大事です。
 つまり,他者の権利を常に念頭に置いたかたちで,道徳教育を行うことが必要です。例えば,一人一人はみんな違っていて,それが尊重されるというのは人権教育の柱です。このことが定着すれば,いじめを生む画一的な学校文化を変えていくことになります。

 人間には,積極的に問題解決に取り組む主体性を持てないという根源的弱さがあることを認める必要があります。そういう弱さを持っているのは人間だからだという自己肯定感を持たせることが大事です。

 道徳科が教科となることで,評価をどうするかが大きな問題となります。間違った評価をした場合,道徳科は人格そのものに関わるので,子どもの心を傷つけます。

 道徳教育で大事なことは,子どもと先生,子どもと親,子どもと地域社会といった相互の信頼関係を作り出すことです。

 *2018年度から「特別の教科 道徳」(道徳科)が始まります。さらに,道徳教育の全面的改定は2020年度からの次期学習指導要領で順次始まります。これにどう取り組むかという実践的な内容と同時に,道徳とは何かという根本的な問題も検討した良書だと思います。


本の紹介:歩いてわかった 地球のなぜ!?2017/10/10 16:43


歩いてわかった 地球のなぜ!?
松本穂高,歩いてわかった 地球のなぜ!?.2017年4月,山川出版社.

 オールカラーで世界の自然を紹介しています。アジア,ヨーロッパ・アフリカ,アメリカ大陸・オセアニア,そして日本の51箇所を紹介しています。

 ほとんどの写真は著者が撮ったものなので,説明も説得力があります。地形・地質だけでなく,動植物,人間の自然改変の影響,例えばフィリピンの棚田やニューギニアのコーヒー生産など,自然の不思議を色々な面から解説しています。目から鱗という話も沢山あります。

 旅行にこの本を持って行くと楽しみが増えると思いますし,読んで楽しい本です。


本の紹介:街の中で見つかる「すごい石」2017/10/10 13:39


街の中で見つかる「すごい石」
西本昌司,地質のプロが教える 街の中で見つかる「すごい石」.日本実業出版社,2017年7月.

 国会議事堂や日本銀行本店,日本橋三越などの建物に使われている石材,江戸城や姫路城の石垣の石,北海道から島根県で使われている各種石材,色々な石灰岩や大理石,各地の御影石などを紹介した本です。
 最後に,丸の内,新宿,大阪中の島と淀屋橋,京都の石文化,名古屋の街の石材など,それぞれの地域の見どころを紹介しています。

 石材を説明する場合,石材の産地や石材の通称が結構大事になります。西本氏は,矢橋大理石株式会社( http://www.yabashi-marble.co.jp/index.html )の矢橋修太郎氏ほかに,石材について教示を受けたと記しています。

 読む本と言うより,それぞれの場所へ行く時に持って行って,現地で色々な石を見る手助けとするのに良い本です。文章に勢いがあり,読むと現地を見たくなります。ただ,その分,多少乱暴な表現が見受けられます。