本の紹介:揺れ動く大地2018/10/03 21:23

揺れ動く大地

木村学,宮坂省吾,亀田純,揺れ動く大地  プレートと北海道,2018年8月,北海道新聞社.


北海道の地質の成り立ちをプレートテクトニクスで説明し,同時にプレートテクトニクスを解説した本です.


最初に北海道の地質の成り立ちを説明しています.

千島弧の前弧スリバー(細長い小片)が太平洋プレートの動きに引っ張られて西に移動して,石狩低地までの北海道の地質構造が形成されました.その影響で日高山脈などは西に凸の弓型となっています.

北海道の地質の成り立ちがプレートテクトニクスで説明される前,1960年代に出された日高造山運動についても概要を述べています.


第2章は,プレートテクトニクスで見た時の北海道の位置付けとプレートテクトニクスの説明です.


第3章以降で北海道の地質の成り立ちを広い視野から解説しています.そして,最後は未来予測です.


付章 北海道の地質研究のルーツは,日本の地質学史の概略を知るのに有効です.

単なる地質の解説ではなく,何が問題として 残っているかを自身が関わる論争を含めて述べているのも参考になります.


北海道の地質のを理解する上でもプレートテクトニクスの概要を理解する上でも、話が具体的ですので理解しやすい内容になっています.ただし,論争中の問題についても説明していますので,難しい部分もあります.


木村氏にとって氏名の表記は鬼門のようです.

私が気付いた誤植の一つは,75ページの「北佐和子」→「北 佐枝子」です.

ついでに,もう一つは118ページの「イザナギプレート」の説明の中の「150億年」です.             




第43回札幌マラソン2018/10/08 09:14

2018年の札幌マラソンは,10月7日(日)に開かれる予定でしたが,台風25号の接近によって強風などが懸念されるので中止になりました.まあ,妥当な判断だとは思います.走る方は天候を見てやめても良いですが,運営に当たる人たちは,強風・豪雨の中で終わるまで,それぞれの仕事をしなければならないわけですから.


しかし,立派なホームページがありながら,中止のお知らせが「ニュース」の中の1項目というのは,いかにもお粗末な対応という感じがします.ホームページを開いたら,パッと目に入るような表示にして欲しかったです.


第43回札幌マラソンHP

大会中止を知らせる札幌マラソンホームページの「ニュース」

(第43回札幌マラソンホームページの一部に加筆.

2018年10月7日にダウンロード


ホームページのトップに中止のお知らせを載せるのには,金がかかるというのは分かります.しかし,10月5日には中止を決めていて当日の人件費などの費用はかからないのだから,その程度の対応はしてもバチは当たらないでしょう.大会中止ですからね.


そう言えば,大会前日の6日に豊平川河岸堤防を車で走りました.その時には,「10月7日札幌マラソン」の交通規制看板は堂々と立っていました.そんなこともあって,まさか中止が決まっていたとは知りませんでした.


それで,ドジなことに10月7日は,朝7時に家を出て地下鉄真駒内駅まで行きました.ホームに降りた時に駅のアナウンスで中止を知りました.そう言えば,大会に参加する格好の人がほとんど乗っていなかったなと思いました.

ほとんどの人が,中止を知っていたのです.


札幌マラソンには大学陸上部の先輩が出ているという話を聞き,最初10km に出ました.第5回大会くらいだと思います.秋の1日を豊平川河畔を走るという非常に満足の出来る大会でした.


その後,仙台に転勤になり一関のハーフマラソンなどに出ました.札幌に帰ってきてから,札幌マラソンのハーフに出るようになりました.


そんなこんなで,千歳のフルマラソンや北海道マラソンにも出ました.トレイルランニングも,なかなか魅力的でカムイの杜などの10km に出ています.


最近は,フルマラソンはおろかハーフマラソンも走り切れないので10km に出ています.やはり,大会に出ることは,日常の練習をする気持ちを強くします.年を取っても元気な人は大勢います.その人たちに混ざって,これからも走り続けようと思っています.



本の紹介:学校をブラックから解放する2018/10/11 17:03

学校をブラックから開放する

教職員の働き方改革推進プロジェクト編,学校をブラックから解放する 教員の長時間労働の解消とワーク・ライフ・バランスの実現.2018年10月,学事出版.


オンラインの change.org を通じて「教職員の時間外労働にも上限規制を設けて下さい!!」の署名を展開している「教員の働き方改革推進プロジェクト」のメンバーが執筆した本です.


はじめに

第1章 教員の多忙化解消に向けた学校の働き方改革

第2章 学校の業務改善にはどれほどの効果があるか

    これまでの取り組みと「中間まとめ」以降の課題を検証する

第3章 部活動の過重負担:職員室を二分する意識に着目して

第4章 過労死と公務災害認定

第5章 変形労働時間制の問題点と調整休暇制度の導入の必要性

資料


からなっています.


この本では,「国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」(給特法)の問題,「学校における働き方改革」の問題,部活動の問題など,色々な問題について書かれています.

ここでは,強い印象を受けた点について述べます.


<過労死の問題>


第4章は,教員の夫を過労死で亡くした工藤祥子氏が執筆しています.

公務災害認定(教師の労災認定)を得るのにどれだけの努力が必要かが良く分かります.勤めていた学校の教師たちの協力が無くては,公務災害認定を受けるのは非常に難しいことが分かります.


<変形労働時間制の問題>


第5章では,変形労働時間制ではなく調整休暇制度の導入が必要だと説いています.

調整級化制度は,労働基準法に基づく時間外手当を支給することを原則とし,法定労働時間を越えた分を代替休暇に振り替えるというものです.

1年間の変形労働時間制での時間外労働の限度は,1週間15時間,1ヶ月45時間,1年360時間です(平成10年労働省告示 第154号).


教職員の過労死の実態は,ほとんど分かっていないと言います.今のままのブラックな学校運営を続けていけば,優秀な人材が集まらなくなるでしょう.


そして,より重要なことは教育予算を増やして教職員を増やし,教育に専念出来るよう多すぎる業務を減らすことだと思います.


今,中央教育審議会の部会で検討されている1年単位の変形労働時間制というのは,めちゃくちゃな制度です.この制度は,どう考えても残業代を減らすための制度で,労働時間を減らす制度ではありません.


人間は半年寝ないで仕事して半年寝るというサイクルでは,当たり前ですが絶対に生きていけません.1日単位のサイクルで生きているのです.変形労働制の非人間性は明らかです.



関数電卓2018/10/14 15:18

長い間使っていた関数電卓の液晶が,点かなくなってしまいました.

あるていど本格的な計算はエクセルを使いますが簡単な計算は,やはり関数電卓が便利です.それで,新しく買いました.シャープの EL-5160T です.


関数電卓

これまで使った関数電卓の一部

左からシャープの ピタゴラス EL-5100,同じく EL-509E,今回買ったシャープの EL-5160T です.一番左の電卓が一番使いやすかったです.これだけが MADE IN JAPAN で,ほか二つは MADE IN CHINA です. 一度,カシオの関数電卓を使いましたが,シャープの物がしっくりきます.一番左の電卓の横幅は17.5cmです.


それほど本格的な計算をするわけではないので,関数電卓は非常に便利です.

例えば,地形図を見ながら斜面の平均傾斜を求めるとか,せいぜい10個くらいのデータの平均値を求めるとか,最近では地震のマグニチュードから地表に現れる活断層の長さを求めるとかです.


EL-5160T の「式通り入力エディター」は,数式が画面に出るので数字の入力間違いが,すぐ分かって便利です.


関数電卓もそうですが,CD付ラジオなども昔の物の方が,作りがしっかりしていて信頼できる感じです.こうして並べてみると,日本の物作りの力が落ちているのを実感できます.



石狩川河口の右岸2018/10/15 10:58

石狩川は曲がりくねりながら石狩湾に注いでいます.明治以来の捷水路(ショートカット)工事で大分短くなりましたが,それでも日本で3番目に長い川です.


石狩川河口左岸は,石狩灯台やハマナスの丘公園などがあり多くの人が訪れます.それに比べると右岸は特別な施設などもなく,訪れる人は少ないです.石狩が右岸にある八幡の街の先は人家は少なくなります.聚富川(しっぷ・がわ)や知津狩川(しらつかり・がわ)が流れ込んでいて,砂丘の背後には湿地があります.


空から石狩川河口

写真0 空から見た石狩川河口(2006年4月撮影)

画面の上で,左から右に延び海に注いでいるのが石狩川です.石狩川右岸は水田が広がっていました.


知津狩川河口

写真1 新知津狩川河口付近の風景

知津狩川は当別北西山地を源流とする川です.途中,貯水池に水を溜めながら増毛に向かう国道231号と交差する付近で捷水路により石狩川に注いでいます.

この水路は知津狩川の捷水路で.向こうに見えるのが石狩川です.


ハマナス

写真2 ハマナスとその実

この時期でもハマナスが咲いていました.上の赤いのはハマナスの実です.


知津狩川河口

写真3 知津狩川河口

知津狩川が石狩川に注ぐところです.向こうに石狩新港のタンクが見え,その向こうは札幌西部山地です.この時,西の方はすでに雨でした.


石狩川河口右岸

写真4 石狩川河口

どこまでが川で,どこからが海か分かりません.茫洋とした風景が広がります.遠くに浜益の山々が見えます.


石狩灯台

写真5 石狩灯台と小樽赤岩

赤白の石狩灯台の右に見えるのが小樽赤岩です.ここから見ると小樽赤岩の海側が急斜面で陸側がなだらかな斜面になっているのが良く分かります.中央やや左の三角の山頂は塩谷丸山です.