放射線量の増加率に変化2018/09/17 17:29


累積放射線量

図1 放射線量の累積変化グラフ


2014年5月15日から測定している累積放射線量のグラフが,特に2018年6月12日頃から勾配が急になっています.徴候は,今年の1月中頃から現れていましたが,ここに来て明らかに増加割合が大きくなっています.


2017年5月初旬頃から6月中旬過ぎまで増加割合が大きくなり,その後,5月初旬前より大きな増加割合を示していましたが,ここに来て,それよりもさらに大きな増加割合で,しかも期間が長く続いていて収まる気配がありません.


一体,何が起きているのか全く分かりませんが,これほどの変化を与える放射線源としては福島第一原子力発電所しか考えられません.

福島原発周辺のモニタリング・ポストを大幅に減らす計画のようですが,日本全国が放射能により汚染されつつあることを示しているようで,非常に気持ちが悪い状況です.


時間当たりの放射線空中線量だけでなく,モニタリング・ポストの累積線量にも注意する必要があると強く感じます.



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://geocivil.asablo.jp/blog/2018/09/17/8961562/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。