中村悟郎講演会2018/07/02 19:00

講演会の名称は,「中村悟郎講演会・写真展 化学兵器としてのダイオキシン、その人体被害」です.


2018年6月30日(土),午後2時から4時まで西本願寺札幌別院ホールで,前記講演会が開かれました.参加者は166人でした.椅子席は一杯になり,私は座敷に座って聞きました.『ベトナム「オレンジ村」建設を支援する北海道の会』に北海道宗教者平和協議会が入っていて,講演会の開催に協力したため,この場所での開催になったようです.会場の周りには中村氏の写真が並べられていました.


講演する中村悟郎氏

講演する中村悟郎氏


枯葉剤を含む化学兵器は,第二次世界大戦中に日本でもアメリカでも研究が行われていました.アメリカは第二次世界大戦が終わった後,731部隊(関東軍防疫給水本部)のメンバーを裁判にかけず,ワシントン D.C.の東にあるメリーランド州のアメリカ陸軍キャンプ,フォート・デトリックでアメリカでの生物兵器研究に従事させました.第二次世界大戦で,アメリカは日本の太平洋岸に枯葉剤をまく予定でしたが,原爆投下が優先されたため実施されませんでした.


アメリカは,ベトナム戦争では敵が潜んでいるジャングルを裸にし,食料生産を低下させるために枯葉剤を撒きました.1961年11月にベトナムでの枯葉剤散布を承認したのはジョン・F・ケネディ大統領です.

全滅したマングローブの森 1976年


上の写真はベトナム南端のマカウ岬のマングローブ林の状況です(「中村悟郎講演会・写真展」チラシより).この写真に写っている少年が成長してからの姿も,中村氏は写真に撮っています.枯葉剤に含まれているダイオキシンは,分解しないで土壌に長く残ります.現在,この場所ではエビの養殖が行われています.


中村氏は,二重体で生まれたベトさんとドクさんとも親しく付き合って写真を撮っています.ベトさんとドクさんの分離手術はベトナム人のみの執刀で行われました.アメリカの最新医学知識を持った南ベトナム・サイゴン軍の軍医が執刀しました.

ダイオキシンの影響は遺伝子に及んでいるので,親から子に受け継がれる可能性があると同時に,子が何ともなくても孫に出ることがあります.


ベトナム中部のダナン基地はダイオキシンの一大汚染地になっています.アメリカ議会が予算を付けて高温でダイオキシンを分解して処理しました.


枯葉剤の被害はベトナムにとどまりません.1982年にアメリカのベトナム帰還兵がデモを行い,補償をするよう要求したのをきっかけに,救済処置がとられるようになりました.アメリカと共にベトナム戦争に参加した韓国軍人も枯葉剤の被害を受けています.


加計学園の獣医学部新設では,「獣医学部新設の目的」に,「人獣共通感染症を始め、家畜・食料等を通じた感染症の発生が国際的に拡大する中、創薬プロセスにおける多様な実験動物を用いた先端ライフサイエンス研究」が掲げられています.(HUFFPOST 池内 了,2017年10月22日)

自民党の石破氏が,ブログで「獣医学部認可の第1条件は、感染症対策や生物化学兵器対策など新しいニーズにこたえるもの。さらに、アメリカとかイギリスでは獣医の軍人がいる。軍馬だけでなく、牛や豚などへの生物化学兵器に対処するには獣医の軍人が要る」と述べています.(同上)

つまり,加計学園獣医学部には,生物化学兵器研究の出来る学部をつくり,軍人の獣医を養成するという目的があるのではないかというわけです.


毒ガスを戦争で最初に使ったのはフランスです.1997年には化学兵器禁止条約が発効しました.アメリカも署名しています.しかし,1999年からのコロンビアでのケシ撲滅作戦,2001年に始まったアフガニスタン戦争で枯葉剤を使っています.実施主体はモンサントなどの民間企業です.


沖縄市のサッカー場でダウ・ケミカルの名前の入ったドラム缶が見つかりました.明らかに米軍が関わったものですが,日米地位協定で米軍には処理義務はありません.


ホーチミン市で,オレンジマラソン(ホーチミン・シティマラソン)と銘打ったマラソン大会を2018年1月に開きました.グエン・ドクさんが参加し,高橋尚子さんも参加しました.

このマラソン大会に高橋さんが協力するようになったエピソードは,中村氏の行動力を示していて面白く聞きました.


質疑応答の中で,日本では林野庁が昔使った枯葉剤を山の中に埋めて処理したことにしているという事実が参加者から話されました.


なお,札幌ではエルプラザ(北8条西3丁目)2階の交流広場で,2018年7月2日(月)から13日(金)まで中村悟郎 写真展「オレンジ(枯葉)剤と子供たち」が開かれています.



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://geocivil.asablo.jp/blog/2018/07/02/8907871/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。