写真測量学会北海道支部 秋季特別講演会2017/11/21 13:23

 2017年11月20日(月),14時30分から17時35分まで,札幌市の「かでる2・7」で表記講演会が開かれました。100名弱入る会場は満席でした。

 今回の講演会は,「衛星リモートセンシング特集〜衛星データサービス,衛星由来のDEM,超小型衛星等について〜」で,講演者は以下のようでした。


金子正美氏
写真1 挨拶する金子正美・日本写真測量学会北海道支部長(酪農学園大学教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●AW3D全世界デジタル3D 地図の最新技術と北海道への利用展開について
一般財団法人 リモート・センシング技術センター 石館 和奈 氏
株式会社 NTTデータ 第一公共事業本部 筒井 健 氏

●衛星画像データを用いた解析・情報サービス
日本スペースイメージング株式会社:鈴木 研二 氏

●SIM 取扱い製品(SPOT、Pleiades、Elevation シリーズ)のご紹介と農業、森林分野での活用事例、新規撮影サービスについて
株式会社サテライトイメージマーケティング:田村 洋子 氏

●超小型衛星の現状と活用したサービスソリューション
国際航業株式会社 事業開発本部 3Dセンシング事業部:鎌形 哲稔 氏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 人工衛星のデータで,ここまで出来るのかと驚きの講演会でした。

 まず,精度が画期的に向上していることです。例えば,全世界デジタル3D(AW3D)では,2mメッシュのデータで誤差0.66mが得られるそうです。しかも,注文を受けてから1日で納品できるとのことでした。
 その名のとおり,全世界を網羅しているというのも驚きです。また,画像データから時系列で地形などの変化を捉えることができます。

 一方,小型人工衛星の開発も進んでいて,一番小さい衛星は4kgだそうです。小さい衛星を数多く飛ばすことで1日数十回の撮影が可能となります。酪農用の牧草地管理に小型衛星の画像とクラウド型支援サービスを結びつけて,現場に即した情報を提供することが可能になっています。


石館氏,井筒氏
写真2 石館和奈氏(左)と筒井 健氏


鈴木氏
写真3 鈴木研二氏


田村氏
写真4 田村洋子氏


鎌形氏
写真5 鎌形哲稔氏

 *防災や地質の調査で利用する側としては,小範囲を安く手に入れることができれば気軽にデータを購入することが可能になります。すでに撮影してある画像の1.5mカラーで最小購入面積100平方キロメートルですと56,000円なので,ずいぶん安くなったとは思います。

 **データの蓄積期間は10年程度で,まだ短いですが,時系列変化を手軽に広域的に見ることができるというのは便利だと思います。道路防災点検や地すべりの長期変動観測などで利用できそうに思います。


本の紹介:これからの日本、これからの教育2017/11/23 14:51


前川_寺脇
前川喜平・寺脇 研,これからの日本、これからの教育.2017年11月,ちくま新書,

 文部省,文部科学省の要職を歴任してきた文部官僚二人の対談です。
 文部行政に関心のある人は,ぜひ読んでみると良いと思います。

 印象に残る発言を幾つか紹介します。
 また,242頁からの「公務員である前に」(前川喜平氏)と「学びの自由のために」(寺脇 研氏)も素晴らしい内容です。
 最後に,前川氏が文部科学省を退官する際に全職員に送ったメールの抜粋が付いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「たしかに政治の世界では今、国家主義と自由主義が結びついているのを感じます。(21p)

 (「ゆとり教育」は,)子どもたちが自ら未来を切り開く力をつけると同時に,お互いが助け合う力を身につけること。(74p)

 個人の尊厳,個性の尊重,自由・自立という個性重視の原則がゆとり教育の根本理念。(75p)

 官僚が政治家の判断に対して必要な進言をして歯止めになる装置がなくなってしまった。(76p)

 小泉内閣のとき,地方分権を進めるための三位一体改革が進められ,この流れの中で,義務教育費国庫負担金制度の存廃が中教審で議論されました。・・・「首と引き換えに義務教育が守れるなら本望だ」とブログに書いていたね。(86-87)

 法治国家においては,法律に基づいて行政を行っているわけですから,法律で認められていないことをしてはいけないわけです。(96p)

 今でもそう変わらないと思いますが,(高校授業料無償化には)毎年,四千億円ほどかかっています。(99p)

 誰もが十八才になるまで,学ぶ場が必ず確保されているという状況をつくらなきゃいけないわけです。(103p)

 (日高第四郎さんは,)義務教育を六年から九年に延長し,新制中学をスタートさせた方ですね。(106p)

 高校無償化の理念は学習権の保障。すべての学習者に学ぶ権利を保障するということ。(113p)

 富裕層からもう少し税金をもらって,それを財源にすれば,すべての高校生の授業料を無償化することができます。(119p)

 大多数の人は何らかの意味でマイノリティに属していると考えていいと思うんですね。(165p)

 山奥にある小さな学校でも,東京の真ん中ある学校でも,同じ水準の教育を受けられるというのが,大事なんじゃないか。(208p)

 「知的障害のある人でも,その人にふさわしい高等教育が受けられるような,そういう仕組みがあってしかるべきだ。」(212p)

 つまり学校は,地域コミュニティの核をなす存在でもある。ですから,その地域から学校が消えるということは,コミュニティの危機でもあると思うんです。(225p)


本の紹介:生痕化石からわかる古生物のリアルな生きざま2017/11/24 17:01


生痕化石
泉 賢太郎,生痕化石からわかる古生物のリアルな生きざま.2017年10月,ベレ出版.

 ばりばりの若手研究者による生痕化石の入門書です。

 目次を紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 はじめに
 そもそも生痕化石って? —生痕化石一問一答—
 第1章 ようこそ、生痕化石の世界へ

 第2章 生痕化石の研究史
 第3章 生痕化石からわかる古生物の暮らしと行動
 第4章 生痕化石研究の最前線
 第5章 生痕化石研究の実際
 再6章 生痕化石研究の今後

 おわりに
 引用・参考文献

 生痕化石についてのちょっとマニアックな質問—生痕化石一問一答—
 生痕化石産出MAP
 さらに深く生痕化石を学ぶには
 地質年代表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 研究の楽しさが伝わってくるのが,とても良いです。

 生痕化石の研究史も勉強になりました。Leonardo da Vinci(1452〜1519)の「岩窟の聖母」や「糸車の聖母」に生痕化石に非常によく似た構造が地面の中に書かれているそうで,ダ・ヴィンチを「生痕学の父」とする意見もあるそうです。

 著者の専門はウンチの化石です。日本最古のウンチの化石は,約2億4700万年前の宮城県の地層から発見されているそうです。

 ちなみに,札幌市を流れる豊平川の中流に,生痕化石を見ることのできる地層(砥山層)があります。8種類の生痕化石が見いだされています。平岸の札幌市博物館活動センターに行くと文献を見ることができます。

豊平川の生痕化石
                        豊平川の生痕化石