積丹町美国の宝島2017/09/04 20:30

 積丹町美国漁港は,北西側を黄金岬で守られている。この岬から北西の海岸は角閃石石英安山岩のハイアロクラスタイト(集塊岩)や凝灰質砂岩・凝灰岩で構成される美国—湯内累層の上部層が広く分布している(5万分の1地質図幅および説明書「美国および幌武意」)。時代は中新世から鮮新世である。
 積丹半島を一周する国道229号は,ここで海岸から離れて標高200m弱の丘陵地へと登って行く。美国漁港のすぐ北の茶津集落から約7km北にある浜婦美の集落までの間,海岸に集落はなく海岸に降りる道もない。

 美国漁港の北にある面積4平方キロメートル,周囲1.5kmほどの島が宝島である。「ハート型の島」としてパワースポットとされている。そう言われてみるとハート型に見えなくもない。
 島の左側(北西側)の標高96mに最高点があり,ハートの右半分はやや標高が低くなっている。

 黄金岬(おうごん・みさき)から見ると南東から北西に上昇してきたことを示す馬蹄形の流理構造が見える。島を北西から見ると南西側(向かって右側)の部分は,西に10°ほど傾いた柱状節理が見える。島の南西側の部分は,南東から北西に貫入してきたドームと考えられる。
 これに対して,島の北東側の部分は,海面から20m付近の高さまで幅の広い西に80゚ほど傾いた柱状節理が見られ,その上にハイアロクラスタイト様の構造を持った溶岩が載っているように見える。

 天気の良い日に行くと,見事な積丹ブルーの海を堪能出来る。


黄金岬
写真1 美国漁港南東の小泊から見た黄金岬(左)と宝島(右)
 赤灯台の向こうが黄金岬で先端付近に展望台がある。宝島は左側の溶岩ドームと右側の平坦なハイアロクラスタイト様溶岩の部分に分かれる。


黄金岬の火砕岩類
写真2 黄金岬
 美国漁港から見た黄金岬である。先端付近は溶岩ドームでその左は二次堆積性の火砕岩類である。部分的に葉裏が発達した凝灰質砂岩が挟在している。


茶津のハイアロクラスタイト
写真3 茶津集落付近のハイアロクラスタイト
 一見土石流のように見えるが,基質もブロックと同じ岩質でハイアロクラスタイトである。灰白色・粗しょうで,一見デイサイトのように見えるが石英はあまり目立たない。


宝島
写真4 黄金岬から見た宝島
 右下から左上に向けて貫入してきたと思われる流理構造が見える。船は,水中展望船「ニュー積丹号」である。水深の浅いところでは石英安山岩の白い色が見える。


積丹半島
写真5 黄金岬から北西を見る
 陸からは近づけない海岸線が続く。一番手前の防波堤が茶津集落の入り江,その向こうにビヤノ岬,一番右の岬はマッカ岬であろう。
 

北西から見た宝島
写真6 北西から宝島を見る
 右側は緩く傾いた柱状節理であるのに対し,左側は下部に急立した幅の広い柱状節理がありその上にブロック状の溶岩が載っている。この二つの岩体の境界が凹んでいて,ハート型の窪みとなっている。ビヤノ岬を回った付近からカモメが船についてきた。


本の紹介:地方創生の正体2017/09/07 15:39


地方創生の正体
山下祐介・金井利之,地方創生の正体—なぜ地域政策は失敗するのか。ちくま新書,2015年10月。

 地方創生,国家戦略特区(国家戦略特別区域)など,最近の政治が何を目指しているのかが分からないものが多すぎる気がします。印象としては,本当は一部の人たちの利益のための政策を,その目的を隠して受けの良い言葉で国民を騙しているという感じです。加計学園の問題は,図らずも露骨にその狙いが明らかになってしまった例だと思います。
 ちょっと古いですが,今でも考える材料を与えてくれる本です。

 著者達の問題意識は,
 「そこに,2014年秋から全国的に『人口減少』→『地方消滅(自治体消滅)』→『地方創生』という唐突かつ周到に仕組まれた国の政策が展開することになる。ここでも『震災復興』と同様に,一見すると,地域社会をよくしようという『善意』が前面に立ちながらも,『選択と集中』という言説に象徴されるように,結果として国による政策がそれぞの地域社会で奮闘する人たちの活動を妨げ,地域社会における市民生活の維持をかえって困難にさせようとしている。」(本書008頁)
 ということです。

 「こうした事態に直面して,金井も山下も,もう一段深いところで地域社会の統治機構を読み解いていかなければならないという問題意識を共有し,本書が企画された。」(同009頁)

 政府が進める「地方創生」にどう対応するのがよいのか,から始まり,自治体は誰のためにあるのか,統治技術としての科学など様々な議論がされています。

 具体的事例が示されていると,もっと理解しやすいのだろうと思います。


本の紹介:資本論入門2017/09/08 11:29


資本論入門
Y. モスト 原著 K. マルクス 加筆・改訂,大谷禎之介 訳,
マルクス自身の手による 資本論入門。大月書店,2009年10月。

 「資本論」は読んでみたいと思わせる本です。

 その昔,第一巻だけでも読まなければと思い,大月書店の文庫版を買いました。1966年から1969年にかけて発行されたものです。

 ここで紹介する「資本論入門」は分かり易いです。
 原著者の Y. モストは1846年にドイツで生まれ,スイス,ドイツ,イギリス,北アメリカなどで政治活動を行いました。そして,逮捕,拘束されている間に,この本の原型となる「資本と労働—カールマルクス著『資本論』のわかるダイジェスト」を書きました。1874年のことです。
 「資本論」第1巻の第1版が出たのが1867年,第2版は1873年に発行されていますから,「資本論」の普及には役に立ったのだろうと思います。

 この「資本と労働」について,マルクスが全面的に改訂を行ったものが,この本です。

 この本には色々な工夫が凝らされています。何と言っても,「です,ます」調になっていることが挙げられます。「資本論」からの引用も同じ文体です。「あとがき」で訳者の大谷氏が言っているように,内容を理解することに役立っていると思います。
 マルクスが加筆・改訂した部分は,黄緑色でマーキングしてあります。資本論からの引用部分はゴシック体になっています。資本論のもともとの文章も,マルクスによって書き直されている部分があります。

 まず,この本を熟読し,もう一度「資本論」に挑戦してみようかなどど妄想しています。それは,今の社会がどうなっていくのかを見通す助けになるのではないかと考えるからです。



フォレスタ コンサートin札幌2017/09/09 18:47

 札幌市のニトリ文化ホール(定員2,300名)で行われたフォレスタのコンサートは,満員の状態でした。
 2017年9月8日(金),午後2時から4時半頃まで歌を満喫しました。ウィークデーの日中なので年配の人が多かったです。

 フォレスタというのは,「BS日本・こころの歌」のために結成された混声コーラスグループです。今回は,男性6人,女性6人それにピアノ演奏の女性3人でした。foresta はイタリア語で「森」という意味だそうです。

 途中15分ほどの休憩を挟んで18曲を聴かせてくれて,アンコールで2曲と大サービスでした。BS 日テレでやっている「BS日本・こころの歌」では,不動の姿勢で振りもなく歌を聴かせてくれていますが,この日は歌を交えてそれぞれの自己紹介やダンスなどがありました。また,会場に降りて来て歌ってくれました。
 ピアノ演奏の3人の方も自己紹介をしました。

 フォレスタの歌は,まるで一人の人が歌っているように,ぴったりと息が合っているのが大きな特徴と思います。これにハーモニーが加わりますから,ぞくっとするような歌になります。

 この日は,「故郷」から始まって,最後は松山千春の「大空と大地の中で」終わりました。途中で,「毬藻の唄」をみんなで歌いました。

 日本の歌の好きな人は,まず毎週夜9時からの「BS日本・こころの歌」を聞いてみるのが良いと思います。



映画 スノーデン2017/09/10 10:20


スノーデン
映画「スノーデン」のチラシ(裏面)

 2017年9月9日(土),札幌プラザ2・5で,3回上映されました。見たいと思っていたのですが,見逃したので見に行きました。

 全世界のメールなどがアメリカ政府に監視されていることを曝露したアメリカ国家安全保障局の職員エドワード・スノーデン氏の物語です。

 この映画の中では,特殊部隊の訓練の様子や無人機による誤爆の映像も出てきます。アメリカという国の鞍部がえぐり出されています。同時に,そこで働く人たちの良心も織り込まれていてます。
 そして何と言っても,スノーデン氏の持ち出した機密情報を報道するメディアの人たちの緊迫したやり取りが見ものです。ここには,アメリカの良心が生きていることが示されています。

 この映画館の座席数は380席弱です。満員という状態ではなかったですが,結構,人は入っていました。
 
 私は聞けませんでしたが,札幌弁護士会の齋藤 耕氏が1回目と2回目の上映の合間に「監視社会(秘密保護法+共謀罪)を考えるお話」と題して講演を行いました。


神保哲生氏 民主市議の危機に立ち向かう2017/09/13 08:52

 2017年9月11日(月),札幌市のエルプラザで開かれた第60回人権擁護大会 プレシンポジウムで,表記の講演が行われました。


神保哲生講演会
「第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」のチラシ

 神保氏はコロンビア大学のジャーナリズム大学院修士課程を卒業し,AP通信記者などを経て1999年にニュース専門のインターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム 」( http://www.videonews.com )を立ち上げました。
 講演の中で神保氏が明らかにしていましたが,ビデオニュース・ドットコムは,現在,会員は16,000人で,広告を一切出さずにニュース放送を行っています。 

☆メディアとは
 メディア(media:mediumの複数形)とは,媒体・仲介者という意味です。
 1445年頃までに J. グーテンベルクが活版印刷技術を考案し,革命が起きました。これはコンテンツ革命つまり中身の革命であったのです。この発明によってコンテンツを大量に複製することが出来るようになりました。
 コンテンツには報道,教育,娯楽,広告などがあります。報道(ジャーナリズム)は,社会生活の上で必要な情報を伝えることです。それには,中立性(独立性),信頼性,課題の共有が必要です。
 そこで問題となるのは,そのコンテンツをどうやって多くの人に伝えるかです。この伝送路(メディア・ルート)を押さえているのがマス・メディアです。

☆メディアの危機
 アメリカでは良質な地方紙が激減しています。その結果,地方の政治が腐敗するという事態が生じています。
 日本では,基本的に1県1紙で,ブロック紙として北海道新聞,中日新聞,西日本新聞があります。ただし,沖縄と福島には2紙あります。
 最近は,インターネットによる伝送路が出来ました。
 インターネットの普及は,次のような変化をもたらしました。
  伝送路:極少→無限
  参入障壁:極高→低下
  マスメディアの影響力:大→低下
  マスメディアの収益性:高→低下
 アメリカほど急激な変化は起きていませんが,日本でも大手メディアは危機を迎えています。

☆メディアの構造問題
 国連人権理事会の特別報告者 D.ケイ氏は,2017年6月に次のように述べています。
  ・放送法4条は曖昧で,改正の必要がある。
  ・政府とメディアの距離が近すぎる。
  ・特権を守るためにメディアは自主規制をしている。
  ・秘密保護法は,メディアが萎縮しないように改正する必要がある。
  ・メディアが分断されている。

 マス・メディアの特権には次のようなものがあります。
  ・記者クラブ制度:それぞれの役所に記者クラブがあり,そこに所属している会社しか情報が貰えない。
  ・再販制度により新聞,雑誌,CDなどは勝手に値段を決めることが出来る。つまり,独占禁止法の対象から除外されている。
  ・新聞社とテレビ局を同じ資本が持つことが出来るクロスオーバー制となっているので新聞とテレビの相互批判がなされない。
 これによって,圧力をかけなくても自主規制が行われるという構造になっているそうです。

☆どうするか
 一人一人が受け手としてのマインドを変えることが必要です。
また,オープンになった伝送路を活用してコンテンツを発信することが大事です。

☆質疑応答で
 質疑応答で出た話を紹介します。
・安倍首相の記者会見
 安倍首相の記者会見での冒頭の発言は,プロンプター(原稿を流し伝える装置)を見て行っています。質疑応答になるとプロンプターは引っ込みます。質問,回答とも,すべて役人が準備したもので,質問者は決まっています。
 神保氏は,質問をしたくて何回も手を挙げていますが,一度も当ててもらったことは無いと言います。
・管官房長官の記者会見
 官房長官の記者会見は慣習として時間制限はありません。内容は,ほとんどが業務連絡のようなものです。
 そこへ,東京新聞・社会部の望月衣塑子記者が本質的な質問をしました。これに対して管氏が,まともな返事をしないために何回も同じ趣旨の質問をしているのです。記者会見場の他社の記者は,早く終わって欲しいというのが本音でしょう。記者会見の最中,ひたすらパソコンを打つ音が会見場に満ちています。つまり,やり取りを聞いて自分も質問をして内容を深めるという感じではなく,記録を取って上に上げることが使命になってしまっています。

 民主主義社会におけるメディアの重要性を痛感したシンポジウムでした。