本の紹介:シュメール人の数学2017/06/20 21:38


シュメール人の数学
室井和男,コーディネーター 中村 滋,シュメール人の数学 粘土板に刻まれた古の数学を読む。2017年6月,共立出版。

 今から4,600年前(紀元前26世紀)から4,000年前頃までのシュメール人の数学の概説書です。
 シュメールというのは,「葦の多い地方」という意味で,ティグリス川とユーフラテス川に挟まれたメソポタミアの河口地域です。治水が難しく,たびたび大洪水に悩まされました。今のイラクです。
 この時代は,日本では「縄文中期の小海退」の時期です。青森県の三内丸山遺跡が,この時代に相当します。

 著者は数学的視点から粘土板を読んで,シュメール人の数学を明らかにするために,この本を書きました。楔形文字の読み方から始まって,粘土板から数学的な部分を読み取って解説しています。

 非常に興味深い内容が一杯ですが,60進法の起源の部分が一番感心しました。360日で1年が元に戻ると言うことが 60進法の起源だと言うことです。円が360度というのも,ここからきていると考えます。

 若い人が挑戦して,新しい発見をして欲しい分野だと思いました。