札幌の小林峠から定山渓・小樽の朝里へ2017/04/02 16:47

 2017年4月1日(土)は,朝のうちは快晴でした。ドライブに出かけました。

 小林峠の下を貫く「盤渓北ノ沢トンネル」を通りました。このトンネルは盤渓側でヒ素を含む黒色泥岩に遭遇しました。この掘削ズリを処理するために本線トンネルから大断面の枝トンネルを掘りズリを埋めました。
 現在,峠道も通れますが,5箇所のヘアピン状のカーブがある峠道に比べるとあっけないほど簡単に抜けることができます。


盤渓側坑口
写真1 盤渓北ノ沢トンネルの盤渓側坑口
 この坑口付近は,山麓緩斜面状の地形が拡がっています。左の木の枝の向こうは藻岩山です。


北ノ沢側坑口
写真2 盤渓北ノ沢トンネルの北ノ沢側坑口
 こちら側の坑口も緩斜面の下にあります。北ノ沢側から入ると一度下がって上って行くという縦断勾配になっています。トンネル覆工はきれいに仕上がっています。トンネルは2017年2月3日に開通しました。

 定山渓から小樽に抜ける道道1号小樽定山渓線を行きました。小樽内川をせき止めたさっぽろ湖(定山渓ダムのダム湖)の駐車場から小天狗岳と定山渓天狗岳(定天)が見えます。この山は,地理院地図では天狗山となっていますが,登山案内の本では定山渓天狗岳です。その山容から,天狗岳が妥当と思います。「岳」の字義は,「山の上に山が重なってそびえている様を示した古字」(角川 漢和中辞典)とされています。


小天狗岳
写真3 さっぽろ湖の駐車場から見た小天狗岳
 右側が頂上ですが,葉っぱのない時期に見ると非常に不安定な岩塊であるのが分かります。登山口は定山渓ダムの下の広場(下流園地)にあります。


定山渓天狗岳
写真4 定山渓天狗岳
 三つの峰が連なっています。一番左の三角の山が定山渓天狗岳です。一見,貫入岩でできているように見えますが,見事な水中火山岩です。


定山渓天狗岳西岩壁
写真5 定山渓天狗岳の頂上西側の大岩壁
 ほとんどすべて,水中火山岩と火砕岩で出来ていて水中火山弾も含まれています。(2011年7月21日撮影)


毛無山
写真6 道道小樽定山渓線の冬陽橋(とうよう・きょう)から北西を見る
 朝里峠をトンネルで抜け小樽市に入ると朝里川の谷の向こうに小樽の毛無山から続く尾根が望めます。標高750mほどの見事な平坦面を作っています。手前右の山は朝里川上流右岸の天狗岳です。この北西斜面は幅400m,奥行き800mほどの地すべりで,その末端をヘアピンカーブを繰り返しながら小樽定山渓線が通っています。


高速道路
写真7 望洋台大橋の少し山側の駐車場から南東を見る
 手前は工事中の北海道横断自動車道の橋です。その向こうに屏風岳と天狗岳が見えます。将来,この橋と交差して北海道新幹線の橋が出来る予定になっています。


ごく普通の生活をしている者の放射線量2017/04/06 17:11

 2014年5月25日から放射線量を測定しています。今年(2017年) 2月21日で1,000日を越えました。

 測定器は,いつも鞄の中に入れているので,ほとんどの時間,私のすぐ側にあります。時々,時間線量を測定します。大体,月曜日に測定していますが不定期です。
 1,046日間(2017年4月5日まで)の累積線量は,1.72mSvです。グラフに示したようにほぼ直線的に増加しています。1日当たり1.5μSvですから,時間当たりの平均線量は0.06μSvです。年間に直すと0.6mSvになります。

 飛行機に乗ったり健康診断を受けたりすると,明らかに放射線量が増えます。それでも年間1mSv以下です。これが普通に生活している者が受けている放射線量です。

累積放射線量グラフ
                    図1 1,000日超の累積放射線量
 見事なくらい直線的に増加していて,年平均0.6mSvです。600日で1mSvを越えています。
 放射能に怯えないで普通の生活をするには,最低年間1mSv以下を確保する必要があると思います。
 CTスキャンなどの放射線を使う検査は要注意で,短期間に数多く受けて鼻血が止まらなくなったことがありました,病院で出血したところを焼いてもらって止めるという経験をしました。じっとして上を向いていても鼻血が泊まらず,テッシュを鼻の穴に突っ込んでも血が滴り落ちてきました。かなり怖い思いをしました。以後,普通に生活しているので,同じ症状は全く出ていません。


組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案(いわゆる共謀罪法案)2017/04/08 14:29

 共謀罪法案が国会に提出されました。前にもこの法案の異常さについて述べましたが,再度考えてみました。

 この法案には立法の経過からして幾つかのウソがあります。1)オリンピックが開けない,2)国連の条約が結べない,3)一般人は対象外,の三つについて述べます。

<この法律が成立しないと東京オリンピックが開けない>
 安倍首相の発言です(2017年1月10日,共同通信との単独インタビュー)。オリンピック候補地として立候補したときは,当然ながらこの法律は出来ていません。ですから,世界に向かって公然と嘘をついてオリンピックを持ってきたことになります。

 安倍首相はオリンピック招致演説の冒頭でこう述べています。
 「東京で、この今も、そして2020年を迎えても世界有数の安全な都市、東京で大会を開けますならば、それは私どもにとってこのうえない名誉となるでありましょう。」
(The Huffington Post投稿日: 2013年09月08日 02時16分 JST 更新: 2013年12月19日 07時08分 JST)

 自分の言ったことを見事に忘れているのか,目的のためならその時に応じて何とでも言うという習性のためか。

<国連越境組織犯罪防止条約を批准できない>
 これについては,法律の専門家集団である日本弁護士連合会が,そんなことはないと言い,その理由も簡潔に述べています。
 「新たな共謀罪立法なしで国連越境組織犯罪防止条約を批准することはできます。」
(https://www.nichibenren.or.jp/activity/criminal/icc/kokusai_keiji_c.html)

 「国連越境組織犯罪防止条約」(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約:
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty156_7a.pdf)とはどんなものでしょうか。

 この条約は,「第一条 目的 この条約の目的は,一層効果的に国際的な組織犯罪を防止し及びこれと戦うための協力を促進することにある。」としています。そして,条約が適用されるのは「・・金銭的な利益その他の物質的利益を直接又は間接に得るため・・」の「組織的な犯罪集団」としています。
 これらは現在ある国内法で対応できるというのが日本弁護士連合会の見解です。
 
 さらに,上記条約では,「第四条 主権の保護 1 締約国は,国の主権平等及び領土保全の原則並びに国内問題への不干渉の原則に反しない方法で,この条約に基づく義務を履行する。」としています。
 つまり,この条約のために新しい法律を作ることは義務づけられていません。

<一般の人は対象にならない>
 これについては,2017年2月16日に法務省が,「正当に活動する団体が犯罪を行う団体に一変したと認められる場合は、処罰の対象になる」との見解を明らかにしました(朝日新聞デジタル,金子元希 2017年2月17日00時51分)。
 ここで言う「認められる場合」は,誰が判断するのでしょうか。取り締まり当局と考えるのが普通と思います。

 「改正」対象となっている「組織犯罪防止法」では,『「団体」とは、共同の目的を有する多数人の継続的結合体であって、その目的又は意思を実現する行為の全部又は一部が組織・・・により反復して行われるものをいう。』となっています。この文章は,衆議院のウェブサイトからとったものですが,居心地の悪い文章です。
 ここで言う組織(上の文章の・・・の部分)というのは「指揮命令に基づき、あらかじめ定められた任務の分担に従って構成員が一体として行動する人の結合体をいう。」
 この定義は「改正」対象となっていないので,生きているのだと思います。これだけを見れば,一般の人はこの法律の対象にならないように思います。

 この法案の根幹は,
 「第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為で、テロリズム集団その他の組織的犯罪集団・・・の団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を二人以上で計画した者は、その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するために準備行為が行われたときは,当該各号に定める刑に処する。ただし,実行に着手する前に自首した者は,その刑を減軽し,又は免除する。」(「改正」法 第六条の二)
 です。
 つまり,準備行為が罰せられ,それを逃れるには自首(密告)するしかないのです。

 この法案の「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」は,「団体のうち,その結合関係の基礎としての共同の目的が別表第三に掲げる罪を実行することにあるものをいう。」(「改正」法 第六条の二)とされています。
 つまり,別表第三の罪を計画した集団がテロリズム集団と言うことになるわけで,何も定義していないのと同じです。

 そして,実行される様々な罪(別表第三)にはテロと関係のないものが多く含まれていることが効いてきます。朝日新聞によれば,この法律の対象となる罪は,91の法律で277の罪としています。このうち「テロの実行」に関係するものは110だと言います(朝日新聞デジタル,同上)。

 強制執行に身体を張って反対しようと計画することは,立派な罪になります。
 強制労働,無資格競馬・自転車競走・モーターボート競争,補助金の不正受給,特許権・実用新案権・商標権の侵害,所得税を逃れることや納めないこと,偽って法人税を納めないこと,貸金業の無登録営業,著作権の侵害,無許可で廃棄物を処理すること,有害業務目的の労働者派遣,消費税を逃れること,希少野生動植物を取ること,営業秘密を不正に取得すること,無資格でのスポーツくじ,などなど。
 テロ組織に属していない一般の人が犯しそうな罪が並んでいます。これらを計画した段階で罪になるのです。

 恐らく一般人は対象にならないというのは通用しないでしょう。本当に恐ろしい法律だと思います。


13歳からの夏目漱石2017/04/09 17:27


13歳からの夏目漱石
           小森陽一,13歳からの夏目漱石。2017年3月,かもがわ出版。

 漱石の作品を時代背景とともに語ったものです。帯にあるように「そうだったんだ!」と唸ってしまう内容です。

 1905(明治三十八)年に発表された「吾輩は猫である」について述べているところは感心することしきりです。
 主人公の猫に名前がないこと,友達の猫の名前が,軍人の家で飼われている「白君」,となりの「三毛君」,車屋の「黒君」となっていることが意味しているものは何か。その他,時代背景を頭に入れて考えると,この小説が単なるユーモア小説でないことが浮かび上がってくるという趣向です。

 以下,それぞれの作品の時代背景から作品を読み解いていきます。そこまで読むか,と思うところもありますが, 実践的な活動と並行して漱石を読み直したという著者の到達点が示されていると思います。

 『二〇〇五年から、あらためて百年という歴史的な距離を意識しながら、漱石夏目金之助のすべての小説を読み直すことが、私の日課になっていった。「九条の会」の憲法講演と漱石小説の読み直しは私にとって不可分の実践になった。その営みを一二年近く持続する中で、百年後の今だからこそしっかりと受けとめることのできる漱石の言葉と出会い直すことができると確信していった。』(同書,21ページ)

 この本の基本的内容は,2016年8月に長野市で中学生や高校生を聞き手として行った授業だそうです(本書,2ページ)。巻末には生徒達の感想が載せられています。
 
 74歳の私が読んでも面白い本です。


渡邊達也氏講演会(防災地質工業株式会社 技術研修会)2017/04/13 16:13


渡邊達也氏
                           渡邊達也氏
 渡邊氏は,北見工業大学工学部 地球環境工学科 環境防災工学コース 助教です。
 氏は,筑波大学出身で,2012年にスバルバール大学北極地質学科博士コースを終了し,帰国後,北海道立総合研究機構地質研究所に入り,その後,北見工業大学に移りました。

 2017年4月10日(月)にセンチュリーローヤルホテルで「凍結融解による斜面プロセスと周氷河堆積物」と題する北見工業大学の渡邊達也氏の講演会が行われました。この講演会は,防災地質工業株式会社の技術研修会の特別講演として行われたものです。

 周氷河環境というのは,地表面が凍結融解を繰り返す環境のことで,生態学的には森林限界,気候学的には年平均気温が3℃で,季節凍土や永久凍土が分布していて周氷河地形が発達している環境です。現在は,北極圏,ヨーロッパアルプス,チベット高原やアンデス山脈,南インド洋のケルゲレン諸島(フランス領南方・南極地域:49S, 69E)などで周氷河環境となっています。

 現在の日本列島の周氷河環境の限界は,南アルプスより北の高い山で,北海道でも日高山脈や大雪山,利尻岳などで見ることができる程度です。これに対して最終氷期最盛期(約2万1千年前)には,北海道では低地でも周氷河環境にあったと考えられます。

 凍上現象というのは,土の中の水が凍結して地表面を持ち上げる現象です。地表付近の水が凍ると霜柱ができます。やや深いところで土の中の水が凍るとアイスレンズができ,地表面が持ち上げられます。このような凍結と融解を繰り返すのが凍結融解作用です。この作用によって斜面上の土砂の移動が起こります。

 凍結融解作用は大きく二つに分けられます。日周期型と年周期型です。
 日周期型は,夜に気温が低下して地表面付近の土の中の水が凍り,昼になると融けてしまいます。
 年周期型は季節凍土帯と永久凍土帯に分けられます。
 季節凍土帯では,冬になると地表から数m程度までが凍土層(季節凍土層)になり,夏になると融けてしまいます。
 永久凍土帯では,夏でも永久凍土層が地下に残り,その上に活動層(季節融解層)ができます。活動層の最大厚さは,土の場合数10cm〜2m,岩屑の場合2〜4m,岩盤の場合5〜8mです。

 永久凍土帯では永久凍土層と活動層の間に遷移層が出来ます。下にある永久凍土の方が温度が低いために下から冷却してきます。すると,永久凍土層の中にアイスウェッジが形成され上方に成長していきます。

 スピッツベルゲン島の沖積扇状地での凍結融解作用では,扇状地の上方の土質は粘土質シルトであるのに対し末端では細粒砂です。土質が違うために形成される構造土が違い,水分量や凍結状態にも違いが表れます。

 周氷河環境での地盤の変化としては,永久凍土層の融解によって生じる地盤沈下(サーモカルスト)や活動層の崩壊があります。

 周氷河環境での斜面変動は,その地域を構成する地質の相違が現れます。例えば,石灰質結晶片岩地域では永久凍土層のクリープによる岩石氷河が形成されます。頁岩地域では,岩片が細片化しソリフラクション・ロウブが形成されます。

 ソリフラクションというのは,凍結融解サイクルによるゆっくりとした斜面の土層移動のことで,周氷河環境で発生します。この土層の特徴は,1)シルト・砂を多く含む,2)液性限界・塑性指数が低い土層で起こりやすいということです。
 ソリフラクションには二つの土砂移動形態があります。
 一つはフロストクリープで,凍結によって斜面に垂直に持ち上げられた土砂が融解によって鉛直に近い角度で落ちることによって斜面下方に移動する形態です。
 もう一つはジェリフラクションで,融解した土層が斜面下方にクリープすることによって発生します。

 細粒岩屑斜面では,ソリフラクションのほかに凍結面の上面をすべり層としたスライド・フローが発生します。斜面背後から融雪水が供給され,地表面近くの融解層に浸透し凍土層との境界をすべり面として急速に移動する形態です。

 厚い周氷河堆積物ができるには,ソリフラクションや活動層崩壊のほかに永久凍土層のクリープが関わっている可能性が指摘されています。

* 2014年8月の礼文島の豪雨による斜面崩壊,2016年8月の日勝峠付近を中心とした地域や知床半島での斜面崩壊など,山麓緩斜面堆積物の崩壊が注目されています。今回の講演は,周氷河環境での斜面プロセスについて基礎知識を含めて紹介してくれたという点で時宜にかなったものでした。
 災害業務では,復旧工事を睨んで迅速な対応が求められます。その中で,崩壊機構や原因を解明する調査を行い,まとめるのは厳しいものがあります。しかし,先入観にとらわれないで事実を積み上げていくことが必要だろうと思います。

** 日本列島の周氷河環境については,貝塚(19689)の図が最初のものだと思います。その後,この図は,<塚爽平,1998,発達史地形学(182p:東大出版会)>にも掲載されました。
 現在では,山関係の本にきれいな図が掲載されています。例えば,<小泉武栄,2007,自然を読み解く山歩き(88p:JTBパブリッシング)>などです。


青井未帆氏講演会2017/04/22 15:37

 2017年4月15日(土)に北大学術交流会館で,青井未帆学習院大学大学院教授の講演会が開かれました。主催は,「北海道の大学・高専関係者有志アピールの会」ほか3団体です。
(https://www.facebook.com/peace.hokkaido/)を見て下さい。
 講演のタイトルは 「−政治が憲法を強引に乗り越えようとしている、今−私たちに何が問われているのか」 です。

 現在の日本の状況は,「制約されたくない国家」によって国の形が変わりつつあります。2014年9月19日に成立した「安保法制」の成立過程では,法の安定性が失われ,これまでの常識が通じない状況になっています。国家の存在意義を改めて問わなければならない状況です。

 日本は自由な社会だと思っている人は多くいます。しかし,それは「分をわきまえていれば」という制限付きです。これは,江戸時代以来の「皇国史観」の必然的な帰結として形づくられてきたものです(尾藤正英)。

 日本国憲法の原点はどこにあるのか。明治憲法では,天皇を権威として政治を行う仕組みであったので,近代合理主義に基づいて人為的に国家を制御することは難しかったのです。軍事力を制御できない,戦争遂行のために人の心に国家が入り込んだ,などによって 「焼夷弾を箒で叩き消せ」 というような非科学的な命令を国家がしました。しかし,戦争へと強制的に国民を動員することには成功しました。ある種の「成功体験」が残りました。

 戦前,個人を否定する様々な文書が発表されました。1882(明治十五)年の「軍人勅諭」(明治天皇),1890(明治二十三)年の「教育勅語」(明治天皇),1910(明治四十三)年の「家族国家」(文部省),1937(昭和十二)年の「国体の本義」(文部省思想局),1941(昭和十六)年の「臣民の道」(文部省教学局)などです。これらは,それなりによく練られた文章です。

 日本国憲法は,個人主義を基本に置いています(憲法第十三条)。しかし,個人主義に対する違和感や嫌悪感は依然くすぶっていて,国家や組織が個人に優先する状況は,今もあまり変わっていません。

 今,改めて日本国憲法が制定された出発点に戻る必要があります。「騙されていた」 は二度は言えません。個人として国家に異議申し立てをすることが大切です。

*この講演会では,事前に申し出た人以外は写真を撮らないで下さいということでした。
**「家族国家」という考えが,かなり重要なのではないかと思います。つまり,「近代日本においては,天皇を親に,臣民(国民)を子になぞらえ,両者の家族的情緒による調和を目指した。」
(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説:https://kotobank.jp/word/家族国家-44836)
 教育勅語の「父母に孝行をつくし」という文言は,心情的に臣民の親である天皇につくせということに繋がります。