宇宙は「もつれ」でできている2016/12/01 15:29



gilder
L.ギルダー,山田克哉監訳,窪田恭子訳,宇宙は「もつれ」でできている.ブルーバックス,講談社. 原題は,The Age of Entanglement : When quantum physics was reborrn です.entanglement は「もつれ」です.

 「監訳者まえがき」の冒頭部分が,この本の特徴を見事に言い表しています.量子力学の歴史を,多くの物理学者の討論などを紹介しながら述べた本です.

 第1章は「ちぐはぐな靴下」という題です.量子論に重大な転機をもたらした J. ベルの不等式の話から始まります.

 以下の各章は,時代順に量子力学が,どのような人によって,どのような議論を通じて発展してきたかを述べています.
 議論の内容を完全には理解できませんが,登場する人物は有名な人ばかりです.さすがに,1950年頃からの物理学者は,私が名前を知らない人が多くなります.

 この本を読んで,インターネットなどで量子力学の分かりやすいウェブサイトを見ると,何となく分かったような気になります.

<分かりやすい量子力学のウェブサイト>

・30分で分かる量子力学の世界
( http://ryoushi-rikigaku.com/index.html )
 *「原子より内側と外側には、全く異なる2つの世界があります。 この境目の壁はとても大きく、一方の常識は他方に通用しません。 当然、物理法則も全く違います。通常の物理学が通用しない、原子の内側の物理学が、量子力学です。」
 という説明は納得できます.

・【誰でも分かる】「量子力学」ってなんなの? 詳しい人に聞いてきた【入門編】
(https://haken.inte.co.jp/i-engineer/interesting/ryoshirikigaku ) 
 *量子力学の世界を非常に分かりやすく説明しています.量子の一つである電子が,粒と波の両方の性質を持つ実験の絵と説明が見事です.


「北方領土」返還論のおかしさ2016/12/07 14:26

 明治十七(1884)年7月,千島列島の一番北にあるシュムシュ島のアイヌ民族19戸・97名がシコタン島に強制移住させられました.
 これは,明治八(1875)年8月に批准された樺太千島交換条約で,千島列島全島が日本領となったためです.
 当時の千島列島は,エトロフ島のすぐ北のウルップ島とシムシル島にはアリュート民族,24軒・90人が住んでいました.千島列島の北の端,シュムシュ島にはアイヌ民族が住んでいたのです.
 ウルップ島にもシュムシュ島にもロシア正教の教会が一つずつありました.この頃のシュムシュ島のアイヌ民族は,ロシア人との接触が長かったのでロシア文化の影響を受け,ロシア正教の信徒が多い上,名前もロシア人風でした.このような状況を変えるために,明治政府はシュムシュ島を拠点とするアイヌ民族に物資を輸送し,獣皮類の交易を行いました.
 さらに,冒頭で書いたようにシコタン島への強制移住を行ったのです.

 しかし,新しい環境に適応できなかったシュムシュ島のアイヌ民族は減少し続け,第二次世界大戦直前には数名を数えるに過ぎなくなったのです.
(以上は,榎森 進,アイヌ民族の歴史.草風館,2007による)

 「日本国民」として扱い,強制的に移住させた人たちの故郷を日本に取り戻さなくて良いのでしょうか.
 確かに,歴史的にみると「択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島からなる北方領土は、私たちの父祖が開拓し受け継いできたもので、未だかつて一度も外国の領土となったことのない我が国固有の領土です。」(北方領土復帰期成同盟のウェブサイト)というのは,納得できないではありません.
 しかし,平和的な交渉によって日本の領土となった地域を放棄するというのは,どう考えてもおかしいと言わざるを得ません.腰を据えて取り組まなければならないことですが,原則を譲ってしまっては,それこそ孫子の代に顔向けできないでしょう.


本の紹介:ザ・パーフェクト2016/12/09 14:47



ザ・パーフェクト
土屋 健執筆,小林快次・櫻井和彦・西村智弘監修,ザ・パーフェクト−日本初の恐竜全身骨格発掘記 ハドロサウルス発見から進化の謎まで.誠文堂新光社,2016年7月.

 北海道むかわ町で発見された恐竜化石の発掘物語です.
 この恐竜化石は,2016年12月現在,クリーニング中でまだ完全に姿を現していません.しかし,かなり良好な状態で全身骨格が発掘されました.

 この本の特徴は,発掘に携わった9人に焦点を当てていることです.そのため,時系列的に見るとダブっている記述があったり,むかわ町穂別博物館の売りの一つであるホベツアラキリュウの全く同じ写真が2枚載っていたりします.

 しかし,非常に面白い本です.特に佐藤たまきさんが,博物館に収蔵されていた骨を見てクビナガリュウではないと判断した場面が印象的です.
 余談ですが,佐藤さんは女性科学者に贈られる猿橋賞を2016年4月に受賞しています.

 恐竜の死骸が海の中をだだよっている服部雅人さんのイラストができあがるまでのやり取りも紹介されています.第4部では,服部さんのイラストで様々な恐竜を紹介しています.

 執筆者の土屋さんは金沢大学で地質学・古生物学を学び,現在サイエンスライターとして活躍しています.
 発掘に関わった人たちの生い立ちや子ども時代をどう過ごしたかが書かれているので,特に,化石や恐竜などに興味を持っている若い人に読んで欲しい本です.

 なお,幾つか誤植がありますが,78パージの1行目「北海道開拓記念博物館」は,「北海道開拓記念館」です.


南スーダン、南シナ海,北朝鮮2016/12/09 20:32


南スーダン,南シナ海,北朝鮮
自衛隊を生かす会 編著,2016年11月,南スーダン、南シナ海,北朝鮮 新安保法制発動の焦点.かもがわ出版.

 2016年11月21日,駆けつけ警護などの新任務を与えられた陸上自衛隊第11次隊の先発隊が,南スーダンの首都ジュバに到着しました.第11次隊は青森市に司令部がある第9師団の施設科隊員(工兵)約300人と普通科隊員(歩兵)約50人からなり,駆けつけ警護などを受け持つのは普通科隊員です.

 この本の「まえがき」で自衛隊を生かす会の事務局長である松竹伸幸氏は次のように述べています.
 「この新安保法制の評価は,これまでは法律の条文をめぐって議論されてきましたが,今後はまさに法律が実施される現実をめぐる議論に移行していきます.」(本書,2p)
 時宜を得た出版です.

 以下,印象に残ったことを紹介します.

総論:新安保法制で別次元に進む自衛隊の海外派兵;柳澤協二(元内閣官房副長官補)
 自衛隊の海外派遣は,国連の活動としてのPKOと対米協力としての後方支援があります.南スーダンでは,PKO5原則は完全に崩れています.自衛隊は戦争をすると言うことです.対米協力では今そこが戦場でなければどこでも行けるし,弾薬も提供することになりました.
 自衛隊を南スーダンに派遣することによって,日本は何をしたいのかがはっきりしないという問題があります.

南スーダン:九条とPKOの矛盾を真正面から議論すべきだ;伊勢崎賢治(東京外国語大学教授)
 1999年に国連事務総長の名で発布された告知によって,もし無垢の住民がPKOの目の前で攻撃を受けたら,PKOはその脅威に「紛争の当事者」として対抗し,戦時国際法・国際人道法に則って「交戦」することになりました.
 今,PKOを撤退させるのは遅すぎます.PKOが増員されたので小康状態になるときがあるはずで,その時自衛隊を完全に撤退させましょう.

南スーダン:駆けつけ警護の問題を現場から考える;渡邊 敬(元陸将)
 日本が最初に参加したカンボジアのPKOに関与しました.日本は自己防衛のための武器使用と妨害排除のための武器使用を分けていますが,PKOではこのような区別はありません.国連の交戦規定と日本の交戦規定が違っているというのが大きな問題です.安保法制によって,ある地域の治安を維持し安定させるための普通科部隊(歩兵部隊)を派遣できるようになりました.

南スーダン:国際協力NGOの立場から問題を考える;谷山博史(日本国際ボランティアセンター代表)
 谷山氏達は2005年に包括的平和協定が結ばれた後に,スーダン南部に入りました.しかし,2011年の南スーダン独立後にスーダンで内戦が起こり,事務所にいた駐在代表の今井高樹氏が孤立してしまいました.この時は政府軍も反政府軍も民兵を動員し,正規兵・非正規兵の区別もありませんでした.事務所は荒らされましたが,今井氏は息を潜めていました.そのうちに兵士達は去って行き,今井氏は国連の非武装の民政機関の人に助け出されました.
 今の南スーダンは自衛隊のPKO 派遣原則が満たされていない状況です.

 その他にも,現在の国際情勢を考える上で参考になる記事が満載です.上に上げた以外の執筆者と表題を示します.
 石山永一郎氏(共同通信編集委員):東南アジアの視点から問題を捉える;南シナ海
 太田文雄氏(元陸将・情報本部長):自衛隊は警戒監視に関与すべきである;南シナ海
 加藤 朗氏(桜美林大学教授):安全保障の観点から問題を捉える;南シナ海
 津上俊哉氏(元通産省北東アジア局長):中国専門家の立場から問題を見る;南シナ海
 泥 憲和氏(元陸自三曹):派遣される自衛隊員の立場で訴える;南スーダン
 蓮池 透氏(元拉致被害者家族会事務局長):安倍内閣に拉致問題の解決を期待できるのか;北朝鮮
 モハメッド・オマル・アブディン氏(東京外国語大学特任助教):戦争現場の人は日本に何を期待するか;南スーダン


12月の大雪2016/12/10 19:09

 夕べ(2016年12月9日)から雪が降り,一気に積もりました.この時期に,こんなに降ったのは記憶にありません.私が札幌に来たのは,1963(昭和38)年です.
 仕方なく今朝,雪かきをしました.歩道に積みきれず,一部は家の裏に運びました.正月にはみんな来るので,少しでも家の前の道路は空けておきたいのですが,この雪ではなんともできません.幸い,排雪を頼んでいるので何とかなるとは思いますが,この勢いで降られたらどうなることかと心配です.

札幌郊外の大雪
図1 札幌市の北東郊外の積雪状況
 すっかり真冬の状態です.午後3時頃です.札幌新道は,伏古インターチェンジから小樽側は通行止めになっていました.市電は運行していませんでした.札幌中央図書館で岡田弘(おかだ・ひろむ)さんの講演があるので,行こうと思って出かけたのですが諦めました.

12月の大雪
図2 窓の外は吹雪

 太陽活動の第24太陽周期の黒点数はピークを過ぎて減少に向かっています.つまり,現在太陽活動が不活発になりつつあります.
 太陽活動と気候変動の関係は一筋縄ではいかないようですが,極めて単純に考えると次のようになります.
 太陽活動が不活発になると太陽磁場によるバリアが弱くなって地球に届く宇宙線が増えます.宇宙線によって電子が作られ,それが雲の水滴を作りやすくします.雲が増えることによって地球表面は寒くなります.
 つまり,太陽活動が不活発になると地球は寒冷化に向かうと考えられます.

 このような現象は,分かっている範囲では1645年頃から1715年頃(慶安から元禄の頃)のマウンダー極小期,1810年頃(寛政の頃)を中心としたダルトン極小期などが知られています.1770年頃〜1815年頃にかけては江戸の隅田川が何回か凍ったという記録があるそうです(例えば,http://edo-g.com/blog/2016/02/heater.html ).

 ところで,大気中の二酸化炭素の量は増加の一途をたどっています.気象庁の観測では,2015年は400ppmを越えています.世界の平均濃度は400.0ppmです.

二酸化炭素濃度
図2 二酸化炭素濃度の経年変化(気象庁)
 1992年に増加量がほぼ0になっていますが,それ以外の年は増加しています.1750年頃の平均的な二酸化炭素濃度は,278ppmとされていますので,1.4倍になっています.綾里(りょうり:青い線)は岩手県三陸町です.

 二酸化炭素が環境に及ぼす影響としては,温暖化のほかに海洋の酸性化があります.酸性化によって絶滅する種もあると予想されています.
 なので,いずれにしても二酸化炭素の排出は,できるだけ押さえるのが良いのだろうと思います.

本の紹介:北の学芸員とっておきの《お宝ばなし》2016/12/16 11:30


北の学芸員
北海道博物館協会 学芸職員部会編,北の学芸員とっておきの《お宝ばなし》 北海道で残したいモノ 伝えたいコト.2016年11月,寿郎社.

 北の学芸員達が,ブログで公開している記事をもとにした本です.
 ( http://www.hk-curators.jp )
 テーマごとに章をたて,全49項目からなっています.

 「第1章 謎を秘めた北海道の生き物たち」では,イトウ,ニホンザリガニ,エゾタンポポとシコタンタンポポ,ウミミズカメムシなどが紹介されています.
 「第2章 プレート衝突が生み出した大地に眠るもの」では,日高山脈の世界的な位置付け,日高「ヒスイ」,むかわ町の恐竜化石,アンモナイトが紹介されています.

 そのほか,漂着貝類から海洋環境を探る話,マルセイバターサンドの話,八雲発祥の木彫り熊,北見市にある日本最大級の茂吉資料,厚沢部のシシ踊り,絵馬で見る道内各地の義経伝説,人とエゾシカの関係,押型文土器(おしがたもん・どき),ニシン釜はどこでつくられていたか,富良野の古い建物など,いろいろな面白い話題が語られています.

 気楽に読めて,「へぇ〜〜!」と思うような内容が満載の本です.